桐生祥秀がサニブラウンや山縣亮太と次に走る試合は何でいつ?

この記事は2分で読めます

桐生祥秀選手が全カレで9秒98をマークしたことが連日話題になっていますね。
日本人では不可能と言われた記録なのであのインパクトは凄かったですね。
桐生祥秀選手の9秒台は日本だけにとどまらず世界中のニュースになっているようです。
それだけ日本人の9秒台というのは話題性が高いのでしょうね。

スポンサードリンク

桐生祥秀がサニブラウンや山縣亮太と次に走る試合は?

桐生祥秀選手が9秒台を出したとき、ライバルである山縣亮太選手からも祝福のメッセージを貰ったそうです。
山縣亮太選手も自分が一番早く9秒台を出したいと思っていたと思いますし、悔しかったでしょうね。
桐生祥秀選手は山縣亮太選手からの祝福のメッセージに感動したそうです。
山縣亮太選手は桐生祥秀選手にとって一緒に9秒台を目指して競い合ってきた先輩ですから、そんな先輩からメッセージは感慨深いものがあったのでしょうね。
山縣亮太選手もおそらく凄いやる気になって9秒台を目指しているのでしょうね。

 

山縣亮太選手と桐生祥秀選手が次に走る試合について注目が集まっていますが、今のところ明らかになっていません。
陸上は秋までしか試合が無いですから、もしかしたら来年まで一緒に走る機会が無いのかもしれませんね。
山縣亮太選手と桐生祥秀選手との次の直接対決には凄い注目が集まるでしょうね。
また、サニブラウンアブデルハキーム選手との対決にも注目が集まっています。
サニブラウンアブデルハキーム選手は世界陸上の200メートルで史上最年少で決勝に進出しましたし、100メートルでも10秒0台を今季何度も出しているので、桐生祥秀選手と勝負したら凄く良い勝負になるでしょうね。
絶好調の桐生祥秀選手と勝負したら一体どちらが勝つのが見てみたいですね。
おそらくかなり良い勝負になると思います。

サニブラウンアブデルハキーム選手も十分9秒台を出すポテンシャルは秘めていると思います。
サニブラウンアブデルハキーム選手はまだ18歳で成長期なので、来年大きく記録を伸ばす可能性も秘めていると思います。
個人的には来年9秒台を出すのではないかと思っています。

桐生祥秀の9秒台について著名人の声

桐生祥秀選手の9秒台は様々な著名人から祝福の声が上がっています。
400メートルハードルの日本記録保持者である為末大さんやハンマー投げ日本記録保持者の室伏広治さんも正式に祝福されていました。
室伏広治さんは

「9.98秒! 桐生選手おめでとうございます!初めて日本人で10秒の壁を破ったJet Kiryu」

とSNSで投稿していたようです。

100メートルで9秒台という記録は長年日本人選手が夢見ていた記録ですから、多くの人が祝福しているようです。
室伏広治さんは桐生祥秀選手に実際に何度もトレーニングの指導をしていたので、今回の9秒台は室伏広治さんのおかげでもあるかもしれませんね(笑)
室伏広治さんは人体に関しての知識も凄く深いようで、桐生祥秀選手は様々なことを学んだようです。

スポンサードリンク

まとめ

今回の桐生祥秀選手の9秒台は日本のスプリント界が世界と戦えるスタートラインにたったと言えるかもしれませんね。
これから山縣亮太選手やサニブラウンアブデルハキーム選手や多田修平選手など、様々な実力のある選手と競い合ってもっと記録を伸ばして貰いたいですね。

9秒台をコンスタントに出せるようになれば世界大会の決勝で勝負出来るようになると思うのでそのような選手を目指して貰いたいですね。
日本のスプリント界がこのままレベルが上がっていけば東京オリンピックでのリレーで金メダル獲得も夢ではないと思うので期待したいですね。
10秒00の壁がついに破られたので、これから9秒台の選手がどんどん出てくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ