ダルビッシュ有がドジャースで背番号21を選んだのはなぜ?理由は?

この記事は2分で読めます

ダルビッシュ投手が8月5日にドジャースに移籍後初登板をしましたね。
結果は見事7回無失点10奪三振という圧倒的な成績を残しました。
久々にダルビッシュ投手らしい圧巻のピッチングを見る事が出来ましたね。

スポンサードリンク

ダルビッシュの背番号が21の理由は?

ダルビッシュ投手の背番号は今までレンジャーズでつけていた11ではなく、21ですね。
日本ハム時代からずっと11なので、11では無いと少し違和感がありますね。

ダルビッシュ投手が背番号21を選んだ理由について語っていたのですが、「適当に選んだ。」そうです(笑)
11番が空いていなかったらしく、薦められた番号の中から適当に21を選んだそうです(笑)

背番号はある意味その選手の顔ですし、強いこだわりを持っている選手が多いので以外ですね。
背番号にこだわりがある選手が多いですが、ダルビッシュ投手は特にこだわりがないのかもしれませんね。
イチロー選手がヤンキースで背番号31を付けていたときにも抵抗がありましたが、凄い選手が背番号を変えるとかなり違和感がありますね。
今回の背番号の変更が良い意味で気分転換になって成績が良くなっていけばよいですね。

スポンサードリンク

ダルビッシュ移籍に対するドジャースの反応は?

ダルビッシュ移籍に関して、レンジャーズのファンは球団をかなり批判しましたが、ドジャースのファンはかなり喜びの声を上げていたそうです(笑)
ダルビッシュ投手の実力を皆知っているのでうれしかったのでしょうね。

ダルビッシュ投手は今シーズン負け越していますし、思うような結果が出せていないような状況なので、ドジャース移籍が良い刺激になってこれから調子を上げていければ良いですね。
ドジャースには前田健太投手がいるので、二人で実力を高め合って欲しいですね。
ダルビッシュ投手は調子がよければ今回のようなピッチングが出来る投手だと思うので、次の登板にも期待したいですね。

ダルビッシュ投手は奪三振が多いのが特徴的ですね。
奪三振が多い理由として変化球のキレがメジャートップクラスのようです。
変化球を投げる投手は手が大きい投手が多く、指が長い方が変化球を投げるうえで有利だそうですが、ダルビッシュ投手の手は以外にも結構小さいそうです。
手が小さいけれども鋭い変化球を投げるということですごく器用な選手なのでしょうね。
また、トミージョン手術のリハビリ中に肉体改造をしてストレートの速さもかなりあがったので、調子の良いダルビッシュ投手を捕まえるのは難しいでしょうね。

レンジャーズのホームグラウンドは狭く、投手に不利な球場と言われています。
ですのでドジャースに移籍することによって防御率も上がってくるかもしれませんね。

まとめ

ドジャース移籍後初の登板でダルビッシュ投手らしいピッチングを見る事ができたので、これからもこのようなピッチングを続けて貰いたいですね。
ダルビッシュは良いときのピッチングと悪い時のピッチングの差が激しいので安定感を出して欲しいですね。
ダルビッシュ投手が常に良い調子を維持出来れば間違いなくドジャースにとって大きな戦力になるので、レンジャーズがダルビッシュ投手をトレードに出したことを公開するくらいの成績を残して貰いたいですね。

ダルビッシュ投手は毎年それなりに良い結果を残していますが、本人はまだまだ納得していないと思いますし、メジャーリーグに挑戦する時に「世界一のピッチャーはと聞かれれば全員がダルビッシュと言うように頑張る。」と言っていたので、そうなれるように頑張って欲しいですね。ダルビッシュ投手の実力はまだまだこんなものでは無いと思うので、これからのさらなる活躍に期待したいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ