大谷翔平が右足首の手術をする理由や原因はなぜ?病名や執刀医は?

この記事は2分で読めます

日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手が今季のオフに右足首の手術をすることが公表されましたね。
大谷翔平選手は日本球界の宝のような選手なので、凄く注目が集まっています。
大谷翔平選手は今シーズン肉離れをして戦線離脱をしていたこともあり、これ以上ケガで悩まないようにして欲しいですね。

スポンサードリンク

大谷翔平が右足首の手術をする理由や原因はなぜ?

大谷翔平選手は昔から右足首が良くなかったらしく、昨シーズン辺りからプレーに影響するようになってきたそうです。
右足首は投手にとったら大切な部位なのでしっかり治して欲しいですね。

病名については公表されていませんが、大谷翔平選手の右足首には骨棘(骨組織が増殖し、とげ状になったもの)があるようでそれが痛みを引き越しているようです。
手術によって骨棘をとれば痛みは消えるそうです。

執刀医について気になっている人も多いようですが、執刀医に関しては公表されていません。
執刀医も大谷翔平選手の手術をするということで凄く緊張するでしょうね笑

この手術によるプレーへの悪影響は特に無いと考えられているようです。
来シーズンからおそらくメジャーリーグでプレーすることになると思うので万全の状態で海を渡って欲しいですね。

大谷翔平選手のケガについて

大谷翔平選手は今季酷い肉離れをしたこともあり、もしかしたらケガをしやすい体なのかもしれませんね。
大リーグは登板間隔が日本より狭く、先発投手に負担がかかりやすいと言われているので気をつけて欲しいですね。
ダルビッシュ有投手や田中将大投手もメジャーリーグの登板間隔の狭さには苦言を呈していました。
メジャーリーガーはトミージョン手術をする人も多いですし、ケガに対する考えをもっと改めるべきなのかもしれませんね。

実力は超一流でも、ケガによって結果を出せずに終わってしまった選手もたくさんいるのでそうならないように気を付けてほしいですね。
また、メジャーリーグのボールは日本のボールと違い乾燥していて硬いので日本のボールよりも負担がかかりやすいようです。
また、凄く滑りやすいので、コントロールも難しく、日本球界のボールに馴れているピッチャーからすれば凄く投げにくいと感じることが多いようです。
大谷翔平選手は来シーズンメジャーのボールに対応出来るかどうかもポイントになるでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

スポーツ選手にケガは付き物と言われていますがケガをしないようにすることもスポーツ選手の仕事と言えるでしょうね。
きついトレーニングをすればケガのリスクは当然高まりますし、体のケアもしっかりしないといけませんね。

アメリカと日本では野球の練習の文化も違いますし、考え方も違うと思いますが、潰れてしまわないように工夫して欲しいですね。
メジャーリーグ流の調整方法が合わない選手もいるようですし、自分に合ったやり方でやるのが1番良いのかもしれませんね。

アメリカは日本と様々な文化も違いますし、環境に適応する能力も必要になってくるでしょうね。

メジャーリーグのマウンドで世界の強打者相手に三振を奪う大谷翔平選手の姿を早く見てみたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ