コレコレチャンネルが嫌いな人が多い?ヤラセ?ヒカルの真似も

この記事は2分で読めます

コレコレチャンネルについて書いていきます。
コレコレチャンネルはチャンネル登録者数が20万人ほどの中堅YouTuberですね。
やはりチャンネル登録者が100万人以上のYouTubeチャンネルにどうしても注目が集まってしまうのですが、登録者20万人を達成することも凄く難しいことですし、実力があるYouTuberでなければ絶対に達成出来ない数字だと思います。

スポンサードリンク

コレコレチャンネルが嫌いな人が多い?

コレコレチャンネルについて調べてみるとコレコレチャンネルが嫌いだという人も多いようです。
その理由として動画がヤラセっぽかったりや、ヒカルさんの人気YouTuberのヒカルさんの真似もあるからだと言われています。

コレコレチャンネルは以前「祭りくじを買い占める」という動画を上げておられました。
「祭りくじを買い占める」というのはヒカルさんの発案したアイディアで凄くバズった動画なので、同じ企画をやろうとする人は良い印象を持たれないでしょうね。

ヒカルさんは祭りのくじを買い占めるという企画で一気に人気YouTuberまでのし上がったので、自分達もそうなろうと思ったのでしょうね。

また、最近ヒカルさんやラファエルさんの格好をしてチキンナゲット無料券を配ったり、VALUをやってみたという企画をされたりしていますね。
完全にヒカルさん達の人気に乗っかった企画ですね(笑)
しかしこの動画が面白いと凄く評判にはなっています。


確かに面白いですね(笑)
ラファエルさんの声が凄く似ていることも気になりますね(笑)
いっくん一人だけ似てなさすぎですね(笑)

 

YouTubeは、企画の真似も多いので、視聴者はある程度許容すべきなのかもしれませんね。
YouTubeの企画自体がテレビ番組のパクリであることも多いですし、インターネットは簡単にコピーされてしまうような性質もあるので、ある程度仕方がないかもしれませんね。

パクリについての考え方

普通はキャラクターをパクられると「パクられた方は怒るのではないか?」というような疑問も湧きますが、どうやらそうでも無いようです。
YouTuberは知名度が高いことが良いことなので、パクられるということはある意味光栄なことのようです。
また、パクられることによって自分の名前がさらに知れ渡るので、自分のチャンネル登録者が増えたりもするようです。

以前炎上系YouTuberのシバターさんは「YouTuberは好かれようが嫌われようが注目されれば勝ち。」とおっしゃっていました。
YouTuberは何かを売るわけでもないですし、視聴回数を増やすことが仕事ですから、特に好かれる必要は無いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

これからのYouTuberはどんどん売れることが難しくなってくると思いますし、少しでも売れるためにパクり合いが行われるかもしれませんね。
YouTuberはなりたい人は多いようですが、将来の保証は無く、いつ消えてもおかしくないと言われている職業なので、YouTuberはみんな必死なのでしょうね。
マックスむらいさんのように一度売れてもすぐに消えてしまうような人もいますし、YouTuberで一生食べていこうと思えば凄く難しいことなのかもしれませんね。

コレコレチャンネルもこれからどのような動画を上げていくか見ものですね。
YouTuebeの市場は常にレベルが上がり続けているそうなので、YouTuberも常に動画を質を上げ続けなければいけないという強迫観念があるようです。
YouTuberは自由な生活をしているイメージがありますが、その実態はイメージとはほど遠いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ