メンタリストdaigoによる結婚のパートナーの選び方は?

この記事は2分で読めます

メンタリストDaiGoさんについて書いていきます。
メンタリストDaiGoさんと言えば「人の心を操る」というフレーズで有名ですね。
人の心をいとも簡単に読んでしまうパフォーマンスは日本中を驚かせましたね。

スポンサードリンク

メンタリストdaigoによる結婚のパートナーの選び方

メンタリストDaiGoさんは当然心理学に凄く詳しいので、メンタリストDaiGoさんは人間関係の指導などもされているようです。
中でも特に質問が多いのは結婚のパートナーの選び方のようです。
結婚は人生における一大イベントですし、特に女性は結婚願望が大きい人が多いので、結婚に失敗したくは無いですよね。

メンタリストDaiGoさん曰く、無関係の第三者に真摯な態度で対応出来る人を選ぶべきだそうです。
交際中は自分に優しくしてくれる場合が多いですが、結婚をして年月が経つと優しくなくなってしまう人が多いようです。
結婚しても一生自分に優しくしてくれる人は第三者に優しく接する人が多いそうです。
ですので、外食先の店員に対する対応等をしっかり見ておくと良いそうです。
例えば外食先の店員がミスをした時に上から目線で強く非難するような人は結婚をして月日が経てば、結婚相手にも強く当たる場合が多いようです。

赤の他人への接し方はその人の人間性の本質のようなので、結婚後の自分への対応と考えて良いそうです。

また、年齢は近ければ近いほど良いそうです。
統計学的には年齢が離れれば離れるほど離婚率が高くなってしまうようです。
年齢が近いほうが価値観が共有しやすいですし、結婚後の生活に対するギャップも少なくて済むのでしょうね。
年齢が離れていると恋愛期間は良いかもしれませんが、結婚してからは生活を常に共にするのでジェネレーションギャップに苦しむのかもしれませんね。

メンタリストDaiGoさんの結婚観について

メンタリストDaiGoさんは以前動画で「結婚はしないと思う。」とコメントしていました。
男は結婚はするべきでは無いと考えておられるのかもしれませんね。

メンタリストDaiGoさんは一時期女遊びに走ったこともあるそうですが、今はもう落ち着いたそうです。
メンタリストDaiGoさんほどの知識やテクニックがあれば女性を口説くことはそう難しいことではないのかもしれませんね。

メンタリストdaigoのいじめ体験について

メンタリストDaiGoさんは子供の時にいじめられていたことも有名ですね。
小学校の時から中学2年の時までずっといじめられていたようです。
8年間いじめられっぱなしで友達がいない状態だったそうなので、かなり辛い状態ですね。
中学二年の時に母親を馬鹿にされたそうで、メンタリストDaiGoさんは母親のことが大好きだったそうなので、許せなくて反撃したらいじめは無くなったそうです。
そこから「自分が変われば周りはこんなに変わる。」ということに気づいたそうで、徹底的に自己改革をされ、今に至るそうです。

メンタリストDaiGoさんはご自身のいじめ体験について「自分が変わるきっかけだった。」という風にプラスに考えているそうです。
いじめで潰れてしまう人もいますが、反骨心に変えて努力して成功してしまう人は立派ですね。

メンタリストDaiGoさん曰く「コンプレックスを持っていない人は成功しない。」そうです。
コンプレックスは子供の時は凄く気になりますが、カッコイイ大人になるためのエネルギーなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

見たことも無いようなパフォーマンスをするのでメンタリストDaiGoさんの言うことは凄く信ぴょう性がありますね。
メンタリストDaiGoさん曰く自分の言うことを信じてもらおうとする時は「奇跡を見せる。」ことが一番のようです。
世の中にある様々な宗教も初めは「奇跡を見せる。」ことによって教祖の力を信じさせるところからはじまるそうです。
人を信じさせるテクニックなどは全て知っておられると思うので、これからも芸能人としての人気は無くなってもコンサルタントとしての人気は無くならないでしょうね。

メンタリストDaiGoさんは今でも月に本を数百冊読むそうで、努力を全く怠らない人なので、社会で活躍していけるのでしょうね。
これからどのような活動をされていくのかも注目ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ