新井貴浩のおもしろいカープでのエピソードは?嫁の画像や子供も

この記事は3分で読めます

広島カープの新井貴浩選手について書いてといきたいと思います。
広島カープは先日見事セ・リーグを2連覇されましたね。
新井貴浩選手はMVPを獲得した昨シーズンに比べれば出場機会や成績を落としてしまいましたが、今シーズンも3割に迫る打率を残し、広島カープのセ・リーグ2連覇に貢献されましたね。

スポンサードリンク

新井貴浩のおもしろいカープでのエピソード

新井貴浩選手は様々なおもしろエピソードをお持ちですが何と言っても有名なのは現阪神タイガース監督の金本知憲監督と一緒にプレーしていた時のエピソードですね。
新井貴浩選手と金本知憲監督は最初広島カープで一緒にプレーしていまして、金本知憲監督は常に新井貴浩選手をいじっていたそうです。
例えば新井貴浩選手の自転車をトイレの便器に突っ込んだり、夜中に新井貴浩選手の睡眠を邪魔するために何度もホテルの部屋のピンポンダッシュをしたりしていたそうです。
度が過ぎたいじりも多く、新井貴浩選手が本気で怒ったこともあったそうです。

金本知憲監督が新井貴浩選手をいじりだした理由としては、新井貴浩選手は言い訳が多く、その言い訳も有り得ないような無茶苦茶な内容があったため、いじりたくなったそうです。
例えば、新井貴浩選手がまだ広島の若手だった頃いきなり髪を茶髪にしてパーマをかけてきたことがあったようです。
当時監督だった達川光男さんに注意されたら、「朝起きたらいきなりこうなっていました。」と言ったようです(笑)
そのような無茶苦茶な言い訳を真顔で言うそうなので金本知憲監督の目にとまり、いじらないといけないと思ったそうです(笑)
金本知憲監督はいつも新井貴浩選手をいじり続け、新井貴浩選手は苦労することになったそうです。
一度金本知憲監督が阪神にFAで移籍したことによって二人の関係性は途切れましたが、その後新井貴浩選手が金本知憲監督を追いかけるような形で阪神に移籍したので、再び地獄のいじりが再開されたようです。

新井貴浩の嫁や子供について

新井貴浩選手の奥さんは大橋裕美子さんという方のようです。

元アイドルの方なだけあって凄く美人ですね。
大橋裕美子さんは新井貴浩選手が駒沢大学時代から恋愛をしていたようです。
プロ野球選手はプロ野球になってからは様々な女性から人気が出るそうですが、大橋裕美子さんは新井貴浩選手が大学生だった頃からの仲なので思い入れが深いのでしょうね。

また、新井貴浩選手には二人のお子さんがおられます。

学校について調べてみたのですが、甲南小学校に行っているという情報がありました。
新井貴浩選手の野球の才能をもしかしたら受け継いでいるかもしれませんね。

「子供は親の姿を見て育つ。」という言葉もありますし、新井貴浩選手のように将来プロ野球選手になりたいと考えているのかもしれませんね。
しかし、親がプロ野球選手だとすると子供の頃から必要以上に注目されることが多いので、子供はプレッシャーに感じてしまうかもしれませんね。

スポンサードリンク

新井貴浩の移籍のエピソードについて

新井貴浩選手が広島から阪神にFAで移籍する時は凄く非難を浴びていました。
新井貴浩選手はFAの移籍会見で「移籍は辛いです。カープが好きだから。」という涙ながらのコメントを残しましたが、カープのファンからは「泣くぐらいだったら移籍するな。移籍は自分で決めたんだろ。」という批判が相次ぎました。カープファンの批判はごもっとものような気もしますね(笑)
広島カープは金本知憲監督の時もそうでしたが、選手が育ったとしてもお金が無いので、他球団にFAで移籍してしまうパターンが多かったです。
広島ファンからすれば折角育った一流選手がお金目的で他球団に移籍することが悔しかったのでしょうね。

 

その後阪神で数年活躍しましたが、しばらくすれば出場機会が少なくなり、再度広島に移籍することになりましたね。
この時新井貴浩選手は広島のファンが自分を受け入れてくれるかどうか心配だったようですが、新井貴浩選手が広島復帰後の初めての打席に立つ時にスタンディングオーベーションで出迎えてくれたことに感動したそうです。
広島ファンは本当に温かい方ばかりなのでしょうね。

まとめ

新井貴浩選手は現在40歳でプロ野球選手としてはかなり厳しい年齢になってきたとも言えると思いますが、まだまだ高い成績をキープしているので凄いですね。
これからも広島のファンのために頑張って欲しいですね。
新井貴浩選手は広島に再度移籍してからまた成績が上がったので、広島カープの方が合っているのかもしれませんね。
今年の成績を考えてもまだまだ現役を続けることは出来ると思いますし、出来るだけ長い選手生活を続けて欲しいですね。
新井貴浩選手が現在の広島カープの精神的な柱のような選手だと思いますし、これからも広島カープを引っ張って行って欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ