アンドレ・ウォードが引退する理由や原因はなぜ?引退後は?

この記事は2分で読めます

3団体統一世界ライトヘビー級王者のアンドレ・ウォード選手が引退されることを発表されましたね。
アンドレ・ウォード選手はパウンドフォーパウンドで1位にランクインされ、フロイド・メイウェザー・ジュニア選手が引退したあと現役最強の選手だと言われていましたね。
そんな選手が引退するということで凄く残念に思っているボクシングファンも多いそうです。

スポンサードリンク

アンドレ・ウォードが引退する理由や原因は?

アンドレ・ウォード選手が引退する理由については、加齢が原因のようです。
アンドレ・ウォード選手は現在33歳で肉体的な衰えを感じていたそうです。
現在は30代のスポーツ選手も多いですし、アンドレ・ウォード選手はまだまだ出来るのではないかという声も上がっていましたが、本人は納得のいくボクシングが出来ないと感じたのでしょうね。
1ファンからすればまだまだ出来るような気がするので、少し勿体ないような感じがしてしまいますね。

アンドレ・ウォードの成績は?

アンドレ・ウォード選手の成績は、32戦全勝16KOという圧倒的な成績です。
引き分けも無いのは凄いですね。
近年でこのような結果を残した選手は他にはフロイド・メイウェザー・ジュニア選手くらいだと思います。
フロイド・メイウェザー・ジュニア選手は50戦50勝無敗という成績を残しましたが、40歳まで続けたことも凄いですね。
40歳まで世界のトップで有り続けたアスリートはなかなかいないのではないかと思います。
ボクシングのようなスタミナや高い反射スピードが求められる競技において、40歳にして20代の選手を圧倒するわけですから本当に凄い選手だったのでしょうね。

アンドレ・ウォードの引退後について

アンドレ・ウォード選手は引退した後、何をするかは発表されていません。
せっかくこれだけのボクシングの成績を残したのですから、ボクシングに関わる仕事をしないと勿体無いですね。
アンドレ・ウォード選手の実績と知名度があればボクシングに関わるどんな仕事でも出来るでしょうね(笑)
指導者になって自分を超えるような選手を育ててもらえればボクシング界にとっては良いことでしょうね。

 

スポーツ選手は引退したあと、指導者になりたがる人が多いようです。
スポーツはスポーツでしか味わえない感動と興奮がありますし、一度その興奮を味わったらなかなかやめられないそうです。
スポーツ選手が現役にこだわる理由もそのようなところから来るのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

アンドレ・ウォードはボクシング界に語り継がれるような名選手ですし、これでまた1人そのような選手が減ってしまうと考えたら寂しい気持ちになりますね。
どんな世界にも世代交代は来るので仕方がないのですがアンドレ・フォー選手のようなライトヘビー級チャンピオンはしばらく出てこないかもしれませんね。

 

ボクシング界も様々な階級で世代交代の時期が来ているのかもしれませんし、若い選手もどんどん育ってボクシング界が盛り上がっていけば良いですね。

スポーツ選手は引退してからの人生の方が長いので、引退後の生き方も後輩の手本になるような生き方をして欲しいですね。
中にはスポーツをやめたことによって気が抜けてしまいおかしな方向に走ってしまう人もいるので、そのようにはならないようにしてほしいですね。

日本のボクシング界は近年レベルが上がってきており、世界チャンピオンも多いですが、日本人の世界チャンピオンは軽量級ばかりですね。
ですので、村田諒太選手には何が何でもミドル級の世界チャンピオンになって貰いたいですね。
また、日本人がヘビー級の世界チャンピオンになるところもいつか見てみたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ