ロンブー田村淳が青学を受験する目的や理由はなぜ?学部は?

この記事は2分で読めます

ロンブーの田村淳さんがアメーバTVで「緊急重大発表をする」ということで注目を集めていましたが、その内容は青山学院大学への受験でしたね。
政界進出への期待がかなり高まっていたので多くの人にとったら期待はずれの内容だったかもしれませんね。
政界進出と青山学院大学受験ではかなりインパクト違うので、少し残念な発表だったと言っても良いかもしれませんね(笑)

スポンサードリンク

ロンブー田村淳が青山学院大学を受験する目的は?

ロンブー田村淳さんが青山学院大学を受験する理由はご自身の学力にコンプレックスがあったようです。
ロンブー田村淳さんは思春期の頃、凄くモテたようで女性と遊ぶことに走り勉強を放棄してしまったそうです。

子供の時の努力のエネルギーは「女の子にモテたい。」という理由が多いと思いますし、普通にしてて女の子にモテる田村淳さんは特に何かを一生懸命努力する理由が無かったのかもしれませんね。
ロンブー田村淳さんは43歳にしてもう一度きちんと勉強したいと思い今回の企画に至ってそうです。

なんとロンブー田村淳さんは100日で青山学院大学に合格することを目指しているそうでう。
100日といえば3ヶ月と少しの期間しかないので今まで勉強していないのであればかなり無謀な挑戦と言っても良いかもしれませんね。

100日間1日15時間くらい勉強し続けられるのでしたら不可能では無いかもしれませんが、43歳という年齢を考慮してもかなり難しいと言えるでしょうね。

ロンブー田村淳さんは子供の時から女の子にモテて仕事でも芸人として成功して富も名声もある方だと思うのでまた、新しいことにチャレンジしたくなったのかもしれませんね。

数ある大学から青山学院大学を選択した理由は、昔ロンブー田村淳さんがTSUTAYAでバイトしていた時に、青山学院大学の大学生がよくビデオを借りに来たそうなのですが、その青山学院大学の大学生は凄く頭が良さそうで輝いて見えたそうです。
また、青山学院大学大学は都心にあるため、ロンブー田村淳さんの家の近くにもあるのでそのことも選択理由の一つのようです。

学部については特にコメントされておりません。
合格しやすい学部を選ぶのかもしれませんね。

ロンブー田村淳の青山学院大学受験に対する世の中の声は?

ロンブー田村淳さんの青山学院大学受験に対する世の中の声は、

「ロンブー淳の青学挑戦、何が目的なのかがわからなくて応援しにくいな。」
「田村淳、青学いくらしい政治家になるとか引退じゃないのかよ」
「ロンブー淳がどの程度賢いのか知らんけどこの時期から勉強始めて青学は流石に厳しいのでは」
「ロンブー淳の重大発表って青学の受験のことなのwww重大告知するって予告するレベルじゃないじゃん()さらっと言えることじゃんwwwww」
「春日の東大受験もそうだけどそんな簡単なもんじゃないだろ〜って思う」

などがありました。
あまり評判は良くなかったです(笑)
「緊急重大発表」ということで日本中の多くの人が注目しましたが、青山学院大学の受験ではインパクトが小さいと感じた人が多いようです(笑)
また、100日で合格しようとすることに関しても絶対に無理だという意見が多かったです。

かなり厳しい挑戦だと思いますがもしロンブー田村淳さんが合格すれば多くの中年の人に希望を与えることにもなると思うので頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

大人になってから大学受験した芸能人たち

大人になってから大学受験をした人としては東国原英夫さんが有名ですね。
東国原英夫さんは43歳の時に早稲田大学を受験して合格されました。
早稲田大学は私立では日本トップクラスに難しい学部ですし、43歳で合格するなんて凄いですね。
しかし、東国原さんは学生時代から勉強をしていたそうで、田村淳さんとはベースが違うと思います。

まや、他の番組ではオードリーの春日さんが東大受験に挑戦されていますね。
東大は青山学院大学よりも遥かに難しいのでコチラの方が受かったら凄いと思います。
問題自体も難しいですし、必要な科目が多いので、青山学院とは比べ物にならないほどの労力が必要だと思います。

まとめ

ロンブー田村淳さんは100日間死ぬ気で勉強するようですが、自分が後悔しないように頑張って欲しいですね。
もしかしたら既に勉強はしていてある程度の前提知識はあるのかもしれませんね(笑)

個人的には政界進出だと思っていたので、少し残念な気持ちもありますが、折角自分で決めた挑戦なので是非頑張って貰いたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ