小川淳司がヤクルトの監督に復帰する理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

真中満監督が今シーズン限りで引退されることを発表されてから、ヤクルトの時期監督が誰になるか注目されていましたが、小川淳司シニアディレクターが再び監督になることが決定的だと報道されましたね。
小川淳司シニアディレクターは2010年から2014年まで5年間ヤクルトで監督をされた方ですね。

スポンサードリンク

小川淳司シニアディレクターの監督時代の成績や監督になる理由について

小川淳司シニアディレクターの監督時代の成績は、1年目から順番に、4位、2位、3位、6位、6位です。
目立ったような成績を残されたような監督では無いですね。

しかしながら、Aクラスに入ったことが2年間あるので、その実績を評価されているのでしょうね。
古田敦也さんや、高津臣吾二軍監督も次期監督候補として名前が上がっていましたが、結局小川淳司シニアディレクターになることが決まりましたね。

個人的には古田敦也さんに再び監督になってもらいたかったですが、そうならずに少し残念です。

現在のヤクルトの重いチーム事情をガラッと変えるには、古田敦也さんのような少し若くてスター性のある方がやるのが一番だと思ったのですがどうなのでしょうかね。
小川淳司シニアディレクターは2位にヤクルトを導いた実績もあるので、その実績と経験をもとに優勝出来るチーム作りを頑張ってして欲しいですね。

小川淳司の選手時代について

小川淳司シニアディレクターの選手時代の成績は、通算打率2割3分6厘で66本塁打で412安打です。
最高打率も2割9分0厘なので、目立った成績では無いですね。

現在の監督は皆目を見張るような結果を残された方も多いので、小川淳司シニアディレクターの監督力を心配する声もあるそうです。

5年間の監督時代に2度最下位になってしまったのでそのあたりを危惧する声も多いそうです。

小川淳司シニアディレクターの監督就任に対する世の中の声は?

小川淳司シニアディレクターの監督就任が決定的になったことに対する世の中の声は、

「前回指揮時の成績が2、3、6、6位の 小川SD って、球団は立て直す気は毛ほどもねえな。 ノムさん も言うてたけど所詮球団人事、球団の言うことを聞いてくれる人でないといけないってことでしょうね」
「大本営からも発表きたってことはほぼ決まりか。嬉しいような、SD続けて欲しかったと言うか、、、」
「ノムさん、見たかったなぁ〜」
「来年も今年と同じになりそー」

というような意見がありました。
賛否両論ありましたが、どちらかと言えばネガティブな発言が多かったです。
前監督の野村克也さんもやる気だったので、野村克也さんの復帰を望む声も多かったです(笑)
野村克也さんはさすがに年齢が行き過ぎかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

小川淳司シニアディレクターは監督に就任してぜひ現在のヤクルトのボロボロの状況を立て直してほしいですね。
ヤクルトは今シーズンぶっぎりの最下位で自慢の強力打線も影を潜めてしまったような状況なので、打線も以前の強力打線を取り戻せるように頑張って欲しいですね。

小川淳司シニアディレクターは現在のヤクルトのチーム状況について何とかしないといけないと思っていると思いますし、真中満監督がしなかったような方法を試さないといけないかもしれませんね。

チーム状況は監督を変えるとガラッと変わる可能性もあるので、ヤクルトのチーム状況が良い方向に進んでいけば良いですね。
監督によってチームの成績は大きく変わりますし、小川淳司シニアディレクターは是非名監督になって貰いたいですね。

プロ野球チームの監督は、チームの勝敗の責任を背負うことになりますし、プレッシャーがかなりありますが、凄く誇らしい気持ちややりがいはあるでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ