掛布雅之二軍監督が胴上げ拒否した理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

掛布雅之二軍監督がウエスタンリーグの広島との最終戦で胴上げ拒否したことが話題になりましたね。
掛布雅之二軍監督は金本知憲監督の一軍監督就任から2年間二軍監督を務めた方ですね。

「ミスター・タイガース」と呼ばれ、ファンからの凄く人気がある方なだけに掛布雅之二軍監督が退任することを聞いて残念に思っている人も多いようです。

スポンサードリンク

掛布雅之二軍監督が胴上げ拒否した理由や原因はなぜ?

掛布雅之二軍監督が胴上げを拒否した理由については「胴上げは勝者がやるものだから。」という考えを持っているからのようです。

掛布雅之二軍監督が指揮をとったファームの阪神は今シーズン最下位だったので、その成績で胴上げをしてもらうのは自分のプライドが許せなかったのかもしれませんね。

監督はチームの勝敗の責任を取る役割があると思いますし、最下位という成績に責任を感じていたのかもしれませんね。

一軍でも胴上げをして貰えるのは優勝か日本一になった監督だけですし、結果を出せていない胴上げは何も嬉しく無いのかもしれませんね。

掛布雅之二軍監督は一軍の金本知憲監督から直々に二軍監督就任のオファーがあり、二軍監督に就任したそうですが、金本知憲監督が続けるのに掛布雅之二軍監督は先に退任することになりましたね。

掛布雅之二軍監督退任の理由について

掛布雅之二軍監督の退任理由について、様々な説がありますが、有力な説として「金本知憲監督と指導方針が合わなかったのではないか。」と言われています。

掛布雅之二軍監督はどちらかと言えば選手の主体性を大切にする指導方針のようですが、金本知憲監督は厳しい根性練がメインの指導方針のようです。

金本知憲監督からすれば掛布雅之二軍監督が考える練習は甘かったのかもしれませんね。

掛布雅之二軍監督はファンからの評価も高い監督だっただけに少し残念な気はしますね。

練習量について

練習量に関しては、「多い方が良い。」という意見も「ほどほどが良い。」という意見両方ありますね。

スポーツ科学的には練習量が多すぎると良くないそうですが、スポーツ科学的に正しい方法をすれば必ず競技力が伸びるかと言えばそうとは限らないのがスポーツの難しいところですね。

どんなに優秀な指導者も万人を等しく伸ばせる指導者なんていないと思いますし、どんな練習でも合う合わないがあると思うのでスポーツの指導はとても難しいのでしょうね。

阪神の歴代の監督で練習量が少なく、選手の自主性を重んじる監督と言えば真弓明信さんだと思います。

真弓明信さんは練習はとても少なく、選手に対して厳しい練習を強制したりすることはほとんど無かったそうです。

その時の阪神はお世辞にも強いとは言えず、戦力は揃っていたのですが、チームの順位はBクラスに入ることも少なくなかったですね。

阪神の歴代の監督で厳しい監督と言えば星野仙一さんではないかと思います。
星野仙一さんは選手の甘えを一切許さないような監督で、怠惰な態度を見せると逐一怒号がとんだそうです。

星野仙一さんは阪神の暗黒時代に監督就任し、わずか2年でチームをリーグ優勝に導いたのですから、名監督と言えるでしょうね。

金本知憲監督は歴代の名監督についても研究されたようで、厳しい監督の方が良い成績を残しているケースが多かったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

掛布雅之二軍監督は阪神を対談するわけではなく、オーナー付アドバイザーに就任するそうです。
オーナー付きアドバイザーとは球団のフロントに入り、球団に対して様々なアドバイスをする立場のようです。

掛布雅之二軍監督は今までの歴代の二軍監督と比べて選手時代の実績や知名度は少し別格なので、球団としても手放すのは勿体無いと感じたのかもしれませんね。

掛布雅之二軍監督のユニフォーム姿がもう見れないと考えると寂しい気はしますが、これからは別の立場で阪神を強くして優勝や日本一に導いて欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ