プロ野球ドラフト会議2017の開催日はいつ?注目選手や予想も

この記事は2分で読めます

プロ野球ドラフト会議2017について書いていきます。
今年のドラフトは高校生の野手が豊作の年と言われていますね。

ドラフト1位で指名する選手を公表した球団もありますし、例年以上の盛り上がりを見せていますね。
気になるドラフト会議2017の開催の日時は10月26日(木)17:00開始予定のようです。

スポンサードリンク

プロ野球のドラフト会議2017の注目選手について

今年のドラフト会議の目玉と言えば何と言っても早稲田実業の清宮幸太郎選手ですね。
清宮幸太郎選手は高校の通算ホームラン記録を更新し、過去最高のホームランバッターになる可能性を秘めた選手ですね。

三冠王も目指せる選手なので、注目度は間違いなくNO.1ですね。
清宮幸太郎選手には10球団ほどの指名が重なるのではないかと言われています。

10球団の指名が重なれば歴代のドラフトで最多の指名重複となります。
今までの最多の指名の重複は8球団なので、10球団指名が重なると言われている清宮幸太郎選手の注目度の高さが伺えますね。

阪神タイガースなど、多くの球団が清宮幸太郎選手のドラフト1位指名を公言されましたが、オリックスは清宮幸太郎選手をドラフト1位で指名しないことを公言されましたね。
オリックスが清宮幸太郎選手を1位で指名しない理由は清宮幸太郎選手にばかり指名が重なり過ぎているからだそうです。

清宮幸太郎選手以外にも良い選手はいますし、清宮幸太郎選手に圧倒的な注目が集まっている中で誰を1位指名するかは今回のドラフトの大きなポイントになりそうですね。

清宮幸太郎以外の注目選手は?

清宮幸太郎選手以外の注目選手として、まず名前が上がるのは履正社の安田尚憲選手だと思います。
安田尚憲選手は清宮幸太郎選手のと同じタイプのホームランバッターですね。

清宮幸太郎選手ほど多くの本塁打は打っていないですが、高校通算でかなり多くの本塁打を放ち逆方向にも強い打球を打てる打者だと言われています。

安田尚憲選手も日本を代表するホームランバッターになる可能性がある打者ですし、清宮幸太郎選手の外れ1位として指名することを考えている球団も多いようです。

他の注目選手と言えば広陵高校の中村奨成選手ですね。
清原和博さんが持っていた甲子園のホームラン記録を更新したことでも有名になりましたね。

現在のプロ野球界で、絶対的なキャッチャーがあるチームはあまり無いと思うので、打って守れるキャッチャーになる可能性がある選手ですね。
足も速く肩も強いので将来スケールの大きなキャッチャーになる可能性もありますね。

大学生や社会人の選手では、 JR東日本の田嶋大樹投手が注目されていますね。
今回のドラフトの即戦力の投手としては一番評価が高いようです。

最速152kmのストレートに加えキレのある変化球もあるので、プロでも1年目から通用すると言われています。
大崩れしない安定感が持ち味のようです。

投手が補強ポイントの球団からすれば凄く欲しい選手かもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今回のドラフトでは多くの球団が清宮幸太郎選手のドラフト1位指名すると思いますが、外れ1位で誰を指名するかもポイントになりますね。
10球団の指名が予想されているくらいですから、もしかしたら今年成績が良くなかったチームは他の有力選手をドラフト1位指名するかもしれませんね。

清宮幸太郎選手は早い段階でのメジャーリーグ挑戦を希望されていますし、ポスティングによるメジャーリーグ挑戦を認めない球団には行かない可能性もあるので、その点も大きな判断ポイントになるでしょうね。

折角育てたとしてもすぐにメジャーに行ってしまうのであればチームに貢献して貰える年数は少ないですし、それだったら他の実力のある選手を獲得したいと考える球団もあるかもしれませんね。

清宮幸太郎選手を獲得出来る球団は1球団のみなので、外れ1位の指名で、上記3選手のような有力選手に多くの指名が集まるかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ