巨人の片岡治大が引退する理由や原因はなぜ?引退後はコーチ?

この記事は2分で読めます

巨人の片岡治大選手が現役を引退することを明かされましたね。
片岡治大選手の全盛期は凄く足が速くものすごい多くの数の盗塁を決めた選手ですね。

顔もハンサムでファンも多い選手なので残念に思っている人も多いそうです。

スポンサードリンク

片岡治大が引退する理由や原因はなぜ?

片岡治大選手が引退する理由についてですが、怪我や年齢によって本来の動きが出来なくなってしまったからのようです。
片岡治大選手は巨人に移籍してからずっと下半身のケガにも悩まされて本来の動きが出来ないような年が続きましたね。

片岡治大選手は長引くケガの中で精神を保つことも簡単ではなかったそうです。
また、足の速さは基本的に加齢とともに衰えてきますし、自分の持ち味もなくなっていくので、これからまた一軍のレベルの高い世界で活躍することを想像出来なくなったのかもしれませんね。

片岡治大選手は「体がついてこなくなった。」とコメントしたそうです。
本当はもう少し長くプレーしたかったそうで、悔しい気持ちの方が大きいそうです


どのような選手にも加齢との闘いが来ますし、30代中盤くらいになってくると若くて勢いのある選手と戦うことはかなり難しくなって来るのでしょうね。

スポーツ選手は体が資本ですし、強い体がなければ高いレベルの世界で活躍することは当然難しくなるので、老化によって体が衰えて行くのは悲しい気持ちにはなるでしょうね。

片岡治大の引退後は?

片岡治大選手の引退後について気になっている人が多いようです。
明確に答えられたわけではありませんが、2,3軍のコーチの就任を匂わすような発言をされたそうです。

片岡治大選手の実績があればコーチになることはさほど難しいことではないでしょうね。
ましてや2軍や3軍になると片岡治大選手から教えてもらいたいと思う選手はたくさんいると思います。

片岡治大選手は盗塁王の経験もありますし、コーチに就任するのであれば守備・走塁コーチになるのでしょうね。
スポーツ選手が選手として引退した後もスポーツに携われて指導者になれることは凄く幸せなことでしょうね。

子供の頃からずっとスポーツに打ち込んできた人はやはり大人になってもスポーツと関わりたいと思うそうです。
マイナースポーツであれば大人になってから競技者として活躍する場がなかなか無いので学校の体育の先生などになりたがる人も多いようです。

スポンサードリンク

まとめ

片岡治大選手のような昔凄く活躍していた選手がまた一人引退されるので凄く寂しい気持ちになりますね。
しかし、どんなアスリートでも必ず引退する時は来るものなので、仕方が無いですね。

片岡治大選手は引退するときに悔しいというコメントをされましたが、何も悔いが残らないような選手生活を送ることはとても難しいことなのでしょうね。

片岡治大選手はこれからはコーチとして頑張って貰いたいですね。
片岡治大選手はご自身の選手生活を通して盗塁のことやケガをしないことの大切さなど様々なことを学ばれたと思うのでそれをこれからの若い選手に伝えていって欲しいですね。

片岡治大選手は凄くケガに悩まされた選手だと思いますが、ケガをしてしまえばどんなに優れた選手でもダメになってしまうので、ケガをしないようにすることはアスリートとしてとても大切なことですね。

ケガをしないアスリートとして凄く有名なのはイチロー選手ですね。
イチロー選手は高卒でプロに入ってから現在43歳ですが、現在まで一度も大きなケガをしていないような選手ですね。

どんな選手でも当然ケガをしないように工夫はしていると思いますが、それでも毎年ケガをしてしまう選手がたくさん出てくるので、イチロー選手はやはり特別な選手なのかもしれませんね。

関連記事はコチラ↓
松中信彦は現在嫌われ者?子供は難病?自宅は?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ