バイキングの不適切発言は障害者を小林旭が10月5日に差別?

この記事は2分で読めます

10月15日のバイキングの内容が話題になっていますね。
バイキングの放送中に小林旭さんが精神障害者の方を批判するような発言をしたということでニュースになりましたね。

榎並アナウンサーがその後謝罪をされましたが、番組の空気が少し重たくなりましたね。

スポンサードリンク

バイキングの不適切発言について

バイキングの不適切発言の内容は、小林旭さんがとある事件の犯人のことを「キ○○イ」と表現したことです。
このワードは普段生活している人は何気なく使っている人も多いかもしれませんが、本来精神障害者の方々を差別するような発言のようなので、公共の電波で発言することはNGのようです。

榎並アナウンサーが謝罪する時の顔がかなり引きつっていましたが、テレビに出る人であればそのワードを使ってはいけないことは常識なのでしょうね。

坂上忍さんは、小林旭さんが放送禁止ワードを使った時に何も止めようとせず、そのまま話を続けさせたので、そのことにも批判が集まっているようです。
坂上忍さんももしかしたら、小林旭さんの発言について大した問題では無いと感じていたのかもしれませんね。

坂上忍さんはテレビで「ブスが嫌い」など多少汚い言葉は平気で使うかたなので、汚い言葉が多少出ても違和感を感じない方なのかもしれませんね。

小林旭さんは事件の犯人を強く批判する意味で使われたのだと思いますが、テレビでは言ってはいけない発言なので、批判が集まっているのでしょうね。

バイキングの問題発言に対する世の中の声

今回のバイキングの問題発言に対して世の中の声は

「小林旭も坂上忍も生放送には向いてないよ。放送禁止用語使うし、他の人が喋ってるの遮るし。不適切な発言をした奴に謝らせずに、アナウンサーに謝罪させるのとか可哀想すぎる。不適切発言した本人に謝らせろよ。考えが古いんだよ。なんで呼んだんだよ。」
「小林旭考えが古い人だね。放送禁止用語は使っちゃダメだし今の時代のコメントとか無理じゃない?」
「斉藤由貴の不倫についてボロクソに叩いてた坂上忍も、芸の肥やしになると寛容的な小林旭の前では思いっきり叩けないっていう小物感。」
「これ不適切発言も当然として問題だけれども、その謝罪を榎並アナにさせて済ました事も問題に含むと思うわ。」

などがありました。
小林旭さんや坂上忍さんは生放送に向いていないのではないかという意見も結構ありました。
また、関係の無い榎並アナが謝罪して終わらそうとすることもおかしいという意見がありました。

本来は発言をした小林旭さんが謝罪をすべきでしょうね。
小林旭さんが謝罪をしなかったということは、小林旭さんは謝罪するような問題ではないと感じたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

テレビは日本国民全員が見るようなものですし、発言の内容には気を付けないといけませんね。
小林旭さんにはこれから気をつけて欲しいですね。

今回の件は坂上忍さんにも批判が集まっていますが、坂上忍さんは最近炎上することが多いですね。
坂上忍さんは以前は毒舌だけど根は良い人で好きだという人も多かったですが、最近はMattoさんに対する興味なさげな態度などを含めて様々なところから批判が集まっているようです。

坂上忍さんは我が強い方だと思いますし、自分を曲げることが大嫌いな方だと思いますが、テレビの前では多くの人に受け入れられるような発言をしないといけないかもしれませんね。

今回の件は榎並アナが一人で謝罪したのですが、無関係な榎並アナが謝罪することは少し気の毒な感じもしますね。

テレビで表現をかしこまりすぎるとつまらない番組になってしまうのかもしれませんが、一線を越えるような発言はしないように注意しなければいけませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ