清宮幸太郎のドラフト指名球団の予想は?評価は現在低い?

この記事は2分で読めます

清宮幸太郎選手について書いてきます。
清宮幸太郎選手にドラフト1位指名には様々な球団が名乗り出ていますし、過去最多の競合になるのではないかとも言われていますね。

スポンサードリンク

清宮幸太郎のドラフト1位指名の予想は?

清宮幸太郎選手のドラフト1位指名の予想は最高で10球団がの指名が競合すると言われていますね。
清宮幸太郎選手のドラフト1位指名を回避することを表明した球団は広島とオリックスですね。

広島とオリックスも当然清宮幸太郎選手を1位指名の候補には入れていましたが、結局清宮幸太郎選手からは手を引きましたね。
オリックスが清宮幸太郎選手から手を引いた理由は清宮幸太郎選手だけ大渋滞しているからのようです。

今年のドラフトは他にも良い選手がいますし、清宮幸太郎選手以外にも欲しい選手はたくさんいるようなので、リスクを犯して清宮幸太郎選手の指名に踏み切るよりも、他の有力な選手を指名した方がチームにとって良いという判断なのでしょうね。
オリックスは即戦力の投手が補強ポイントのようで、JR東日本の田嶋大樹投手か立命館大学の東克樹選手を指名するのではないかと言われています。

広島が清宮幸太郎選手を指名しない理由は、「清宮幸太郎選手は広島カープのイメージに合わないから」だそうです。
広島は地元広陵高校の中村奨成選手を指名すると言われていますね。

中村奨成選手は甲子園のホームラン記録を更新しただけでなく、肩も強いので、将来プロ野球を代表するようなキャッチャーになるのではないかと言われていますね。
折角の地元の実力のある選手なので、広島カープで活躍するところが見てみたい気がしますね。

清宮幸太郎の評価は現在低い?

騒がれている清宮幸太郎選手のドラフト1位指名ですが、現在は少し評価が下がってきてるのではないかという噂もあります。
清宮幸太郎選手は実力のある選手であることは間違い無いですが、少し騒ぎすぎではないかと考えている球団もあるようです。

清宮幸太郎選手は高校通算の本塁打記録を更新した選手なので、飛び抜けた存在であることは間違いないと思いますが、高校で活躍出来てもプロで活躍出来ない選手もいるので清宮幸太郎選手だけに注目するのは少しナンセンスかもしれませんね。

甲子園で活躍していないような選手でも凄い才能を持った選手がいる可能性もあるので、そのような選手を発掘出来るかどうかもスカウトの腕の見せどころですね。

スポンサードリンク

清宮幸太郎のメジャー志望について

清宮幸太郎選手はメジャーの移籍を容認してくれる球団を希望していますね。

清宮幸太郎選手は若いうちからメジャーに挑戦したい気持ちがあるようで、大谷翔平選手のように日本球界で順当に活躍出来たら23、4歳くらいでメジャーに行ってしまうのかもしれませんね。

その点もドラフト1位指名に対する評価の参考材料になるでしょうね。
清宮幸太郎選手といえど1年目から目を見張るような活躍をすることはなかなか難しいのではないかと思います。

2年ほどでプロ野球を代表するようなバッターになったとしても数年プレーをすればすぐにメジャーに行ってしまうと考えると球団で活躍してくれる年数は少ないですね。
そうであれば、他の有力選手をしっかり育てて長年チームに貢献してくれた方が良いと考える球団もあるかもしれませんね。

まとめ

清宮幸太郎選手がいる今年のドラフトは過去最大級の盛り上がりを見せていますが、個人的には思ったよりも清宮幸太郎選手の指名は競合しないのではないかと思っています。
現在は10球団競合するかもしれないとも言われていますが、毎年スター選手は一人はいますが、いつも予想より指名が重ならないケースが多いですよね。

去年も田中正義投手に過去最多の指名が重なるのではないかと言われていましたが、蓋を開けてみるとそのようなことは無かったですね。
今年は高校生野手が豊作の年と言われていますし、これから各球団はまた色々考えるでしょうね。

直前になって1位指名を変える球団も毎年ありますし、ドラフトは始まってみないと分からないものですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ