ダウンタウンが嫌いな芸人ランキング1位の理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

嫌いな芸人ランキング2017でダウンタウンが一位になったことが報道されましたね。
この報道を受けて松本人志さんはショックを受けていたようです。

松本人志さんは特にアンチが付くようなキャラクターでは無いですが、嫌いな芸人に選ばれたのはかなりショックだったのでしょうね。

スポンサードリンク

ダウンタウンが嫌いな芸人ランキング1位の理由や原因はなぜ?

ダウンタウンが嫌いな芸人ランキング1位になった理由の一つは、ダウンタウンが有名だからということはあるでしょうね。
嫌いな芸人として多くの人に選ばれるのは当然知名度が必要ですし、有名な人でなければ選ばれることは無いと思います。

昔島田紳助さんが選ばれたこともありますし、あまり気にする必要が無いのではないかと思います。
また、ダウンタウンは少し口調がきつい時もあるような気がするのでそのようなことも原因の一つにあるかもしれませんね。

ダウンタウンは嫌いな芸人ランキング1位に選ばれていますが、その反面好きな芸人ランキングでも3位に選ばれています。
明石家さんまさんでも両方にランクインしていますし、有名な芸人は両方にランクインすることは宿命なのかもしれませんね。

人気の芸人で嫌いな人が少ない芸人と言えばくりーむしちゅーだと思います。
上田さんは現在司会者として芸能界の地位を確固たるものになっていますし、凄くおもしろい芸人さんだと思いますが、上田さんは出演者からもいじられるような人柄ですし、出演者からしてもやりやすいでしょうね。

上田さんは以前芸能界No.1の司会者だった島田紳助さんも認めていましたし、頭も良くて人柄も良い方ですね。
大物の司会者が芸能界において大きな権力を持っていることが多く、出演者からしてかしこまることも多いと思いますが上田さんはそのようなこともなさそうですね。

ダウンタウンの実力について

ダウンタウンが現在のお笑いを作ったとも言われていますし、全盛期の人気度は凄かったと言われていますね。
しかし、現在の若い人にとってダウンタウンの面白さについて飛び抜けているわけではないと感じている人も結構いるようです。

ダウンタウンは大晦日特番の「ガキの使いやあらへんで」という番組でも有名ですが、その番組の人気も下がってきているようです。

ダウンタウンというネームバリューは凄く高いですが、現在はくりーむしちゅーなど他の実力のある芸人もどんどん増えてきているので、そちらにも注目が集まっているのでしょうね。

ダウンタウンほどネームバリューが大きくなれば、簡単には消えないと思いますが、面白くなくなれば視聴率は下がってしまうのでそうなれば番組を存続することは出来ませんね。
テレビの世界は常に視聴率という結果が数字ではっきりと出るので、凄くシビアな世界でしょうね。

テレビ局はスポンサーが居て成り立つ仕事ですし、スポンサーの利益を考えると視聴率を上げることが何よりも大切なので、視聴率が取れない芸能人は芸能界から淘汰されていくのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

芸人の世界は一度売れたからといって売れ続けることが保証されている世界では無いですし、凄く厳しい世界でしょうね。
芸能界は番組に出演して大きなお金が貰える華がある世界ですが、その反面凄くリスクも高い世界でしょうね。

これからの時代はYouTubeとも戦っていかないといけなくなるので芸能人として一生食べていこうと思えば至難の技になってくるでしょうね。

働き方やメディアのあり方は時代によって変わっていくものなので、テレビの業界自体がいずれは無くなってしまうのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ