新井良太引退後の仕事や生活は?引退の理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

阪神タイガースの新井良太選手が今シーズン限りで引退することを発表されましたね。
新井良太選手は一時4番打者として活躍していた時期もありましたし、阪神打線の中心として活躍していた時期もあったので、引退は少し寂しい気がしますね。

スポンサードリンク

新井良太引退後の仕事や生活は?

新井良太選手の引退後については特に発表されていません。
阪神タイガースの職員になったり解説者になったりするのかもしれませんね。

しかし、新井良太さんの実績は解説者のオファーが来るかと考えると少しわかりませんね。

新井良太選手の最高年棒は3300万円であり、これから何もしなくても生きていけるような年棒はもらっていないと思うので、また新たに働く必要はありますね。
阪神球団から仕事をもらえないとすれば自分で新たに仕事を見つけなくてはいけませんね。

プロ野球選手は平均引退年齢が30歳ほどなので、多くの選手は引退後の仕事についても考えているようです。
プロ野球選手の引退後の中で一番人気がある職業は飲食店のようです。
飲食店であれば特別なスキルは特に必要ないですし、プロ野球選手が引退した後にも就ける仕事ですね。

他には柔道整復師なども人気のようです。
柔道整復師であればプロ野球の経験を活かせる職業だと思いますし、スポーツとも関われるのでやりがいがある仕事でしょうね。

プロ野球の監督は引退後の選手の就職先が一番の悩みの種のようです。
30歳で引退するとなるとあと30年ほどは働き続けないといけないので、再就職先を見つけることは凄く大切なことですね。

新井良太の引退理由は?

新井良太選手の引退理由については明かされていませんが、成績不振が原因でしょうね。
新井良太選手はここ3年間打率が2割にも満たないような状態ですし、今シーズンは15打席しか打っていないので、戦力と呼べるような状態ではなかったのかもしれませんね。

阪神の内野手は西岡剛選手が復帰したり、原口文仁選手がファーストにコンバートしたり、ルーキーの大山悠輔選手が活躍したりして選手層が厚くなってきているので、新井良太選手が活躍出来るような状態では無いのかもしれませんね。

また、金本知憲監督は若手で勢いのある選手を積極的に起用するような傾向があるので、30代中盤の新井良太選手を積極的に使おうという考えにはなかなかならないのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

プロ野球の世界は第一線で活躍している一流選手にスポットライトが当たり、注目してしまいますが、その後ろには多くの活躍出来ない選手がいるということですね。
スタメンで出場出来る選手は1チームでたったの9人ですし、その9人に入ろうと思えば至難の技なのでしょうね。

プロ野球選手はテレビに毎日のように出ることも出来ますし、活躍出来れば高い給料をもらうことも出来る凄く華があって憧れるような職業だと思いますが、その実態は凄く厳しいのでしょうね。

メジャースポーツである野球の世界でのこのような状態なのですから、マイナースポーツは更に厳しい世界なのでしょうね。
スポーツで結果を残そうと思えば傑出した才能を血の滲むような努力の両方が必要だと思うので、一般の人とは無縁の世界なのかもしれませんね。

元陸上10種競技の武井壮さんは以前「スポーツを極めることはギャンブルだ。」と表現されていましたが、まさにその通りかもしれませんね。
武井壮さんは10種競技で日本チャンピオンになりましたが、お金持ちにも有名人にもなれなかったそうです。

スポーツの世界ほど厳しい世界はなかなか無いでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ