クライマックスシリーズの阪神やDeNAの先発予想は?日程も

この記事は2分で読めます

注目のクライマックスシリーズ【CS】がもうすぐ始まりますね。
セ・リーグはまず阪神タイガースVS横浜DeNAベイスターズですね。
クライマックスシリーズは今までの勝敗は関係無く、勢いがあるチームが勝ちやすいので、何があるか分からない戦いですね。

日程は10月14日~10月16日までの3日間で先に2勝した方がセ・リーグ覇者の広島と日本シリーズの進出を賭けて戦うということですね。
1勝1敗1引き分けだった時はペナントレースで2位のチームが次のステージに進むそうです。

スポンサードリンク

クライマックスシリーズの阪神やDeNAの先発予想は?

先発投手について注目が集まっていますが、予想では

阪神は一戦目メッセンジャー投手、二戦目秋山拓巳投手、三戦目能見篤史投手
DeNAは一戦目今永昇太投手、二戦目ウィーランド投手、三戦目濵口 遥大投手

となっています。

注目は何と言っても初戦ですね。
阪神はメッセンジャー投手が一番安定している投手だと思いますし、DeNAも今永 昇太投手が二年目の若手ながら一番信頼出来る投手でしょうね。

この初戦がどちらが取るかが凄く大きいでしょうね。
野球は試合の流れが凄く勝敗を左右しますし、初戦の先制点を取れるかどうかは凄く大きなポイントになってくるでしょうね。

阪神は藤波晋太郎投手は登板するかどうかが注目されていましたが、どうやら登板しないようです。
藤波晋太郎投手は現在体付近にボールが行ってしまうことも多々ありますし、大崩れしてしまうときもあるので、短期決戦では使えないという金本監督の判断なのでしょうね。

秋山拓巳投手は今年安定していたので、クライマックスシリーズでも良い投球としてくれるかもしれませんね。

勝敗の予想は?

勝敗の予想に関しては様々な意見がありますが、阪神タイガース有利という意見が多いようです。
阪神タイガースは去年Bクラスの4位に終わってしまいましたが、今年は糸井選手の加入もあり、首位の広島には大きなゲーム差を開けられたものの2位でペナントレースを終えましたね。

去年若手を積極的に使ったことが今年のチーム力の底上げに繋がっているのでしょうね。
また、去年不調だった鳥谷敬選手も今年は調子を取り戻し、本来の活躍を見せているので去年よりも戦力は充実していますね。

金本監督は凄く明るい性格ですし、チームを盛り上げることが上手いと思うので短期決戦は強いかもしれませんね。
金本監督は去年4位に終わってしまった悔しさもあるでしょうし、今回のクライマックスシリーズには相当気合が入っているでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

クライマックスシリーズは何があるか分からないシリーズなので、見ていて凄く盛り上がりますね。
ペナントレースでは去年同様広島が圧倒的な強さを見せましたが、クライマックスしルーズでも同様の強さを見せられるのかも見ものですね。
広島は去年日本一になれなかったですし、今年こそは日本一になるために気合が入っているでしょうね。

広島の強さは現在セ・リーグでは圧倒的だと思いますが、阪神かDeNAも短期決戦であれば全然可能性があると思いますし、注目ですね。

クライマックスシリーズが導入される時は賛否両論ありましたが、ペナントレースで3位以内のチームは日本一になる可能性が出ましたし、多くの球団のファンがシーズン後半まで楽しめるようになったので、その点は良いことかもしれませんね。

プロ野球もファンがいてこそ成り立つものだと思いますし、ファンが楽しめることを第一優先にすべきなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ