【巨人】村田修一の進退は?引退?戦力外の理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

巨人の村田修一選手が戦力外通告を受けたことが明らかになりましたね。
DeNAからFAで移籍後、巨人の中心選手として活躍してきたので、残念に思っているファンも多いようです。

37歳という年齢の事もあり、村田修一選手の去就にも注目が集まっているようです。

スポンサードリンク

村田修一の進退は?

村田修一選手本人は、引退の意思は無く、現役続行を希望しているようです。
ですので、他の球団で欲しいと手をあげる球団があればその球団に移籍するということになりますね。

村田修一選手は年齢をかなり重ねましたが、長打力がある選手なので、欲しい球団はあるのではないかと思います。
もしかしたらDeNAに復帰するかもしれませんね。
新井貴浩選手も広島カープに戻ってかつての輝きを取り戻しましたし、村田修一選手もDeNAに戻れば全盛期を彷彿とさせるような成績を残すかもしれませんね。

村田修一選手の今年の成績は打率が2割6分2厘でホームランが19本です。
打線が貧しいチームであれば充分戦力になる成績なのではないでしょうかね。

2016年は3割0分2厘とホームラン32本も達成していますし、全盛期と比べて大きく衰えているということは無いのではないかと思います。

村田修一が戦力外の理由や原因はなぜ?

村田修一選手が戦力外通告を受けた理由は、巨人がチームの若返りを進めたいからのようです。
巨人の中心選手として支えてきた阿部慎之介選手ももう30代後半に差し掛かっていますし、巨人は世代交代の時期なのかもしれませんね。

今年は4位に終わってしまい、クライマックスシリーズにも進めなかった状態なので、チームを変えないといけないと考えているのかもしれませんね。

巨人は数年前敵がないほど強い時期もありましたが、どんな選手でもやはり衰えてしまうので、若手の選手が伸びてこないとチームの強さは維持出来ないのでしょうね。
どんなにすごい選手でも絶対に衰えてしまいますし、世代交代のタイミングもすごく重要でしょうね。

巨人は今シーズン前に陽岱鋼選手や山口俊投手や森福允彦投手など大型補強をし、優勝候補の筆頭のチームと予想する人も多かったですが、予想外の結果に終わってしまいましたね。

そのため、巨人も若手をしっかり育てないといけないと感じたのかもしれませんね。
若手をしっかりと育てた広島は現在セリーグで飛びぬけた強さを誇っていますし、生え抜きの選手を育てる事はすごく難しい事ですが、チーム作りにおいてすごく大切なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

村田修一選手はおそらく他球団からオファーが来ると思いますし、移籍した球団でも頑張ってほしいですね。
プロの世界は結果が全てですし、結果が残せなければ辞めさせられてしまう厳しい世界なので、球団から必要とされなければクビになるのはある意味仕方が無い事ですね。

スポーツ選手には必ず引退の時期が来ますし、引退する時に現役生活に一切悔いが無い状態にしなければいけませんね。

巨人は今年4位になってしまった反省をしっかり生かして来シーズン巻き返そうとしているでしょうね。
大型補強によって今シーズン失敗したので、しばらくは補強をしないかもしれませんね。

実力も実績もある選手を補強すると確かに戦力は上がると思いますが、若手のやる気がなくなったり、育ちにくくなったりすることにもつながると思うので、極力しないようにすべきなのかもしれませんね。

巨人は再び黄金期を築けるように、若い選手が活躍していかないといけないでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ