ソフトバンクが社員の副業を許可した理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

ソフトバンクが社員の副業を許可したことが注目を浴びていますね。
社員の副業は基本的に禁止している会社が多いので、大きく報道されていますね。

副業をしたい人も多いと思うのでそのような人にとってはかなり嬉しいでしょうね。

スポンサードリンク

ソフトバンクが副業を許可した理由や原因はなぜ?

ソフトバンクが副業を許可した理由は、副業によって学んだ知識を本業に活かして欲しいということが狙いのようです。
副業でもお金を稼ぐことであり、お金を稼ぐ以上は何かしらの学びがあると考えているのでしょうね。

副業を許可する企業は現在増えてきているようですが、ソフトバンクのような大きな会社ではなかなか珍しいことのようです。

これから様々な会社がだめになってしまうと言われている世の中なので、副業を許可する会社はどんどん増えてくるのではないかと思います。
インターネットがあれば副業することはさほど難しいことでは無いですし、副業でも大きな金額を稼ぐことも出来るので、副業をする人は増えてくるでしょうね。

副業を今まで禁じていた理由は、本業が疎かになることを防ぐ為のようです。
副業と本業を二つすれば副業にも時間やエネルギーが必要になり、本業に注げる時間やエネルギーが減ってしまうので、会社の利益に影響するという考えだったのでしょうね。

本業だけの収入だけでやりくりする事が難しいという家庭もあると思いますし、そのような家庭からすればありがたい話かもしれませんね。

これからの時代の働き方について

これからは労働力に価値が無くなっていくと考えられていますね。
今までの時代は労働に価値があったので、社会に出て労働力を提供することによってお金をもらっていましたが、これからの時代はAIが人間の代わりに働くようになると言われていますし、インターネットの普及によって、実店舗の必要性も無くなると言われていますね。

そのようになれば労働力は必要無くなってしまいますし、労働力しか提供出来るものが無い人は働き先が無くなってしまうのではないかと言われています。
これからの時代は自分でお金を生み出せる能力が必要だと言われていますね。

例えばYouTuberという職業は数年前までは考えられなかったような仕事だと思いますが、現在は芸能人に匹敵するほど注目されていますね。
時代によって働き方は変わっていくものなので、これからも変わっていくのかもしれませんね。

元ライブドア社長の堀江貴文さんも近畿大学の講演で、「就職して一生勤め上げられると思ったら大間違い。」と言っていましたが、これからそのような時代になっていくのでしょうね。
社会の状況は時代によって変わっていくので、私たちはそれを受け入れて時代に合うように生きていくしか無いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

ソフトバンクの孫正義さんは現在日本一優秀な経営者とも言われていますし、今回の副業の許可もきっと会社に対しいて良い影響が出ると確信されているのでしょうね。

これからは仕事を掛け持ちする時代とも言われていますし、副業が当たり前の時代になるかもしれませんね。
インターネットがあれば若い人も大きな規模のビジネスが出来るようになりますし、若い間から成功する人も増えてくるでしょうね。

YouTuberは子供でも人気になることが可能なので、小学生でも億万長者になることが出来る時代と言えるでしょうね。

インターネットがあれば、勉強も娯楽も仕事も凄くローコストで行うことが出来るので、能力のある若い人は社会で大きく活躍出来る時代になっていくでしょうね。
現在就職せずに起業する大学生も増えてきているようですが、これからも増え続けていくかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ