広島が中村奨成の1位指名決定した理由はなぜ?2位以下の予想も

この記事は3分で読めます

広島カープが広陵高校のキャッチャーである中村奨成選手を2017年のドラフト1位指名することを発表されましたね。
広島カープのファンも中村奨成選手の1位指名を望んでいた人も多いので、良かったと思います。

スポンサードリンク

広島が中村奨成の1位指名決定した理由はなぜ?

広島が中村奨成選手のドラフト1位指名を決めた理由は、地元出身のスター性のある選手だからだと思います。
中村奨成選手の一家も広島カープのファンのようで、広島に入って欲しいと考えているようです。

広島カープに入れば、試合も簡単に見に行くことが可能ですし、親御さんからすれば有難いでしょうね。
キャッチャーは扇の要と言われていますし、ポジションの中で一番大切な場所と考える人も多いので、一人凄い実力を持ったキャッチャーがいればチームの戦力が全然変わるでしょうね。

中村奨成選手の特徴は打って守って走れる三拍子揃った捕手だと思います。
このようなキャッチャーはなかなかいなかったと思います。

キャッチャーは守備が一番大切だと言われていますが、キャッチャーが打てると相手チームからすればかなり嫌な打線になるでしょうね。
近年の打てるキャッチャーと言えば巨人の阿部慎之介選手だと思いますが、阿部慎之介選手の全盛期だったころの巨人は凄く強かったですね。

中村奨成選手のバッティングと肩はプロでも通用すると言われていますし、リードの面が信頼出来るようになればすぐにレギュラーで使えるかもしれませんね。

キャッチャーがしっかりしているチームはチームの強さに安定感があるので、中村奨成選手がプロで大きな結果を残すようになれば広島の強さは凄まじいことになるかもしれませんね。

中村奨成の実力について

中村奨成選手の実力については高校生の中では飛び抜けたキャッチャーだと認識されていますね。
甲子園のホームラン記録も更新しましたし、長打力も高校生ではトップクラスですね。

肩もプロ顔負けな位強いそうです。
18歳ということでまだ成長期ですし、若い内からプロのレベルが高い世界で経験を積めば大器になる可能性はあるでしょうね。
もしかしたら一年目から凄い活躍をする選手になるかもしれませんね。

中村奨成選手は足も速いですし、今まで足の速いキャッチャーはなかなかいなかったと思います。
キャッチャーで足が速ければ相手からすれば凄く嫌なキャッチャーになるでしょうね。

中村奨成選手はもしかしたらトリプルスリーを達成するようなキャッチャーになるかもしれませんね。

広島の2位以下の指名の予想について

広島の2位以下の指名の予想について、即戦力の投手を獲るのではないかと言われていますね。
候補として名前が上がっているのが、ヤマハの鈴木博志投手などですね。

鈴木博志投手は最速155キロをマークしている本格派の投手でプロでも十分通用すると言われていますね。
ドラフト2位以下の指名は他球団の指名によって大きく左右されるので、当日にならないと予想は難しいです。

広島は現在セ・リーグでぶっちぎりで強い打線を持っているので、ウィークポイントは投手かもしれませんね。
即戦力で活躍出来る投手が2人ほど入れば広島のチーム力はさらに上がりそうですね。

スポンサードリンク

中村奨成のドラフト1位指名の重複について

中村奨成選手のドラフト1位指名が重複しないかについても注目されていますが、おそらく重複しないのではないかと思います。
今年のドラフトの1番人気はぶっちぎりで清宮幸太郎選手ですね。

清宮幸太郎選手は10球団の指名が重なるのではないかとも言われていますし、清宮幸太郎選手だけが大渋滞する状況になると思います。
中村奨成選手も例年であればドラフトで競合が必須の選手だと思いますが、今年に限っては競合しない可能性が高いのではないかと思います。

広島出身の選手ですし、広島への入団を希望していますし、他のチームは手を引く可能性が高いのではないかと思います。
履正社の安田尚憲選手も人気の選手ですし、まだドラフト1位指名を公表したチームは無いと思うので中村奨成選手で競合するのであれば安田尚憲選手を単独で指名しようと考える球団もあるのではないかと思います。

清宮幸太郎選手は、日本のプロ野球界に残る選手になる可能性は十分にありますし、どこのチームに入るのか凄く注目ですね。

まとめ

中村奨成選手はこれからプロの世界で戦うことになると思いますが、気負わずのびのびと頑張って欲しいですね。
素材の良い選手は伸び伸びとプレーさせることも凄く大切だと思いますし、あまり細かいことを言い過ぎることは良くないかもしれませんね。

中村奨成選手は日本のプロ野球界を代表するキャッチャーになる可能性は十分にあると思いますし、そのようになって欲しいですね。
どこの球団に行くかはまだ分からないですが、出来れば広島のユニフォームを来て頑張って欲しいなと私は思います。

関連記事はコチラ↓
清宮幸太郎の意中の球団や意中ではない球団はどこ?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ