日本シリーズ2017の雨の場合のルールは?雨天中止?

この記事は2分で読めます

日本シリーズが10月28日から始まりますね。
セ・リーグは横浜DeNAベイスターズ、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズに駒を進めましたね。
セ・リーグは広島カープが勝ち抜けるのではないかと予想されていましたが、横浜DeNAベイスターズが見事3位からの下克上を果たしましたね。

スポンサードリンク

日本シリーズ2017の雨の場合のルールは?

クライマックスシリーズで何度が雨が降りましたが、日本シリーズでも雨が降った時の場合のルールについて注目が集まっています。
日本シリーズで雨が降った場合の対応は以下の通りです。

雨天などの事由により中止となった場合にはその球場で順延とし、日程は以下の通りとする。
第1戦、2戦で中止となった場合は、その球場で順延とし1日移動日を設け第3戦を行なうが、第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。
第3戦以降に中止となった場合には、その球場で順延し第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。

※ただし、両出場球団間で当日の移動が不可能な地域の場合、第2戦・第3戦の間および第5戦・第6戦の間は移動日を設ける。
(注)本年度は当日移動が可能なため、移動日は設けない。

球場は横浜スタジアムとヤフオクドームなので、雨天中止があるとすれば横浜スタジアムでの試合ですね。
球場は、1,2,6,7戦がヤフオクドームで、3,4,5戦が横浜スタジアムですね。

DeNAは3位から這い上がってきたのでこれで日本一を取るようなことになれば大金星ですね。

日本シリーズの予想について

日本シリーズの予想はソフトバンク有利という意見が圧倒的に多いです。
ソフトバンクは両リーグNo1と言われている打線が特徴的ですし、DeNAはソフトバンクの重量打線を抑えることには苦労するでしょうね。
しかし、ソフトバンク打線を抑えることが出来ればDeNAにも勝機がありますね。

DeNAはクライマックスシリーズのファーストステージで敗退すると予想していた人が多かったですが、日本シリーズまで進んだのでチームの勢いは凄くあるでしょうね。
DeNAの投手陣は広島の重量打線をかなり抑えたので現在調子が良いのかもしれませんね。

ソフトバンクの重量打線相手にどれだけ抑えられるかがポイントになりそうですね。
野球は試合の流れがすごく勝敗を左右するので、初めに試合のペースをどちらがつかむかがポイントになるでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

クライマックスシリーズが導入されて、ペナントレース3位のチームでも日本一になる可能性があるので、最後まで目が離せないプロ野球界になりましたね。
私はソフトバンクが日本一になると予想しますが、短期決戦は本当に何があるか分からないですし、DeNAの底力にも期待したいですね。

DeNAが日本一になるなんてことはDeNAのファンからすれば考えられないような快挙だと思いますし、見てみたい気もしますね。

DeNAが日本一になった場合の経済効果は75億円のようです。
凄い金額ですね。
DeNAはずっと弱小チームのイメージがありましたので今回の日本シリーズはかなり気合が入っているでしょうね。

日本シリーズは短期決戦で、今までの実績は一切関係なく、先に4勝した方が日本一なので、チームの勢いがすごく重要でしょうね。
DeNAファンはDeNAが日本一になることをずっと待ち望んでいたと思いますし、今回の日本シリーズは目が離せないでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ