ロンブー田村淳の青学合格の可能性や勉強法は?参考書は?

この記事は2分で読めます

ロンブーの田村淳さんが100日で青山学院大学を受験することが話題になっていますね。
青山学院大学はMARCHの内の一つであり、難関私立大学と言われていますね。

特に英語が難しいと言われていて、英語を攻略しないと合格は出来ないでしょうね。

スポンサードリンク

ロンブー田村淳の青学合格の可能性は?

田村淳さんの青学合格の可能性については様々な意見がありますが、100日で偏差値30台の人が青学に合格することはかなり難しいと言われています。
現在東進の実力のある講師の方々が手取り足取り教えているようですね。
東進の講師の方々によると不可能では無いそうです。

東進の講師の方々が作ったルートに沿って努力出来るかどうかがポイントですね。
いくら良い指導をしたとしても本人が覚えなければ当然合格出来ないので、ロンブー淳さんの頑張り次第でしょうね。
田村淳さん現在お酒も辞めて朝から勉強を頑張っておられるようです。

ロンブー田村淳の勉強法は?

現在田村淳さんがしている勉強法について注目が集まっていますが、現在参考書をひたすらこなすという勉強をしているようです。
今話題になっている参考書学習というものですね。

授業を受けるよりも圧倒的に早く偏差値が上がると話題になっていますね。
東進の講師から薦められた参考書をひたすらこなしているようです。

英語が1番分量が多いらしく、単語帳から多くのものを覚えていかないといけないようなので、大変でしょうね。
どのような参考書を使っているのかにも注目が集まっていますが、英単語帳は「キクタン」を使っていました。

また、社会では「金谷の日本史なぜと流れがわかる本」を使っていました。
日本史の基本的な部分を理解できると話題の参考書ですね。

参考書学習について

参考書学習とは参考書を自学自習でひたすらこなしていくという勉強スタイルですね。
授業を受けてもついていけないような生徒も偏差値を伸ばすことが出来ると評判が良いですね。

有名な塾であれば武田塾が参考書学習を提唱していますね。
塾長の林さんが学生時代、東進の超一流講師達の授業を受けても偏差値が全然伸びなかったのに、参考書で勉強すると偏差値が一気に伸びたので、参考書学習こそ本物の受験勉強なのだと思ったらしいです。

現在武田塾は凄く校舎が増えていますし、逆転合格.comという武田塾の勉強法を公開したブログも凄く評価が良いようです。
参考書学習がこれから王道の勉強法になるかもしれませんね。

参考書学習であれば進学校で無くても東大を目指すこともできますし、良い勉強法と言えるでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

ロンブーの田村淳さんが合格すれば、大人になってからでも勉強すれば間に合うということの証明にもなると思いますし、頑張って欲しいですね。
オードリーの春日さんは東大を受験されますが、こちらも注目ですね。

東大に受かることは青山学院大学に受かることよりはるかに難しいことですが、オードリーの春日さんは現在本気で頑張っているようですね。
歳を重ねてくると覚えることが難しくなってきますし、勉強するには不利になってきますが、人は生涯学ばなければいけない生き物だと思いますし、合格すれば多くの人に希望を与えることになるかもしれませんね。

100日で青学に受かろうと思えば一時も気を抜けないような状態になると思いますし、四六時中勉強されているのでしょうね。
田村淳さんは元々は頭が良い方だと思いますし、本気になればすぐに偏差値を伸ばせるかもしれませんね。

40代にして勉強に本気で取り組む人は少ないと思いますし、応援が集まっているようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ