武田塾の参考書は多すぎると評判に?ルートの感想は?

この記事は2分で読めます

武田塾が現在凄く人気になっていますね。
武田塾は出来ない生徒も出来るところから伸ばしてもらえると評判になっているようです。

スポンサードリンク

武田塾の参考書は多すぎると評判に?

武田塾はおすすめの参考書のルートを開示していますが、その参考書の冊数が多すぎるのではないかと評判になっています。
武田塾が開示しているルートを全て終わらせなくても十分受かるとも言われています。
武田塾は合格出来るルートを開示しているので、絶対に受かるだけの参考書を提示しているのかもしれませんね。

ルートを終わらせても受からない人がたくさん出てしまえば武田塾のルートの評価は当然下がってしまうので、それは絶対に出来ないので武田塾は余裕を持って終わらせることが出来るくらいのルートを開示しているのかもしれませんね。

武田塾の勉強法に関して

武田塾の勉強法は、参考書を一冊一冊完璧に終わらせることによって確実に偏差値を伸ばしていくという勉強法ですね。
出来ない生徒でも出来るところから勉強を始めるので、どんな生徒でも偏差値が伸ばせると凄く評判が良いですね。

普通の塾であれば、授業をするというスタイルですが、武田塾は授業を一切せずに、参考書による自学自習を徹底的にさせるというスタイルですね。
頻繁にテストをするようなので、塾生からすればかなりしんどい塾のようです。

ほとんどの塾で成績が伸びていない生徒は、授業を受けて授業の内容が理解出来ていないから成績が伸びないと言われているようで、武田塾はきちんと理解が出来ているかどうかまで徹底的に管理しているようで、確認のテストで点数が取れなければ次に進めないような仕組みのようです。

生徒がどこまで理解出来ているかを徹底的に管理するので、生徒からすればかなり厳しい塾と言えるかもしれませんね。
生徒が分からないところから順番に確認テストをしていくので、生徒がついていけないということは無いので、生徒からすれば確実に成績を伸ばせる勉強のシステムかもしれませんね。

現在インターネットで勉強の方法を発信している方は何人かおられますが、ほとんどは参考書学習を提唱されていますね。
東進ハイスクールのビデオ受講システムが生授業を淘汰していったように、参考書学習がビデオ受講システムを淘汰していくかもしれませんね。
参考書学習の方が早くて確実に成績を伸ばせるシステムだと思いますし、生徒からすれば合理的かもしれませんね。
武田塾は初めは凄く小さい塾でしたが、どんどん校舎を増やしていって、現在はかなりの数の校舎になっているので、これからも増え続けていくかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

武田塾はこれから日本一の塾になるのではないかと個人的には思っています。
武田塾は出来る生徒も出来ない生徒も等しく成績を伸ばせるような勉強システムだと思いますし、東進のビデオ受講のシステムよりも合理的だと思っています。

東進の英語の有名な講師で安河内先生という方がおられるのですが、安河内先生の文法の授業の内容と、安河内先生が出している文法の参考書の内容がほぼ同じのようです(笑)
それだったら安河内先生の授業を受けるよりも、安河内先生の出している参考書を完璧に覚えたほうが成績が伸びることは必然かもしれませんね。

武田塾の勉強システムに共感して、他の塾から移動してくるような先生も多いようです。
参考書学習はこれからの時代のオーソドックスな勉強法になるかもしれませんね。
進学校で無くても、武田塾に入って真面目に勉強すればどんな大学でも受かるようですし、画期的な勉強のシステムと言えるかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ