中田翔がFA権を行使せずに日ハムに残留した理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

日本ハムファイターズの中田翔選手がFA権を行使せずに日本ハムに残留されることを発表されましたね。
中田翔選手は日ハムの顔のような選手なので、日ハムのファンにとったら朗報でしょうね。

他の球団からすれば中田翔選手が欲しいと思っていた球団もあると思いますし、そのような球団かららすれば残念でしょうね。

スポンサードリンク

中田翔がFA権を行使せずに日ハムに残留した理由や原因はなぜ?

中田翔選手が日ハムに残留することを決めた理由の一つは、2017年の成績の低下にあると言われています。
例えば打率であれば、2割1分6厘でした。
2割1分6厘であれば一流バッターとは言えないような成績ですね。

本塁打も16本ですし、中田翔選手の今までの成績から考えるとものた足りないと思ってしまいますね。
中田翔選手がFA宣言したとしても、高いお金を払って獲得に動く球団はいないかもしれませんね。

阪神も昨シーズンは中田翔選手の獲得に動くのではないかと言われていましたが、少し前に中田翔選手の獲得には動かないという報道がされましたね。
阪神は現在若い選手が伸びてきているので、中田翔選手をFAで獲得すると若手育成の妨げになると思ったのかもしれませんね。

中田翔選手のような知名度も実績もある選手をFAで獲得しようとすると、スタメンで使うことを確約しなければいけないかもしれませんし、2割1分6厘の選手にそこまでのリスクを背負うことは出来ないかもしれませんね。

中田翔選手は一発の魅力もありますし、凄く魅力的な選手だと思いますが、今季の成績から考えるとなかなか獲得に動くことは難しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

中田翔選手の年棒は?

中田翔選手の2018年の年棒は2億円になったようです。
2017年が2億8千万円だったので、8千万円ダウンでの契約更改になりましたね。

2017年からの成績の低下を考えると、8千万円ダウンは仕方が無いかもしれませんね。
日ハムには来シーズンから清宮幸太郎選手が新たに加入して来ますし、中田翔選手とポジションを争うことになるかもしれませんね。
中田翔選手は今まで日本ハムの中心的な選手でしたが、清宮幸太郎選手が中田翔選手以上の結果を残せば日本ハムは使わざるを得ない状態になるでしょうね。

清宮幸太郎選手には今までに無いくらいの注目が集まっていますので、来シーズンどのような使われ方をするのか凄く見ものですね。

まとめ

中田翔選手は今季凄く悔しい思いをされたと思いますし、来シーズンの巻き返しに期待したいですね。
中田翔選手は現在スタメンで使うことが確約されているわけではないので、オープン戦から首脳陣にアピールしていかなければいけませんね。

プロ野球の世界は完全に実力主義の世界ですし、どんなに実績がある選手でも実力が落ちてしまえば実力がある選手が使われるようになるので、中田翔選手は来年勝負の年になるかもしれませんね。

プロ野球選手は毎年良い成績を出してアピールをし続けなければいけないので一年一年が凄く大切な年ですね。
プロ野球選手の平均引退年齢は30歳と言われていますし、一部の選手が凄く華やかな扱いを受けている反面、多くの選手は実力が及ばずにプロ野球界を去っていっているので、凄く厳しい世界ですね。

子供のころは努力が評価される時ですが、大人になれば結果だけが評価されるようになるので、とにかく結果を出すことに注力していかないといけないですね。

人間は皆歳をとりますし、中田翔選手も若い選手とどんどん戦っていかなければいけなくなるので来シーズン以降も目が離せないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ