阪神がロザリオ獲得?実力やポジションや年棒や背番号や成績は?

この記事は2分で読めます

日刊スポーツで阪神タイガースがウィリン・ロザリオ選手との契約に大筋合意したことが報道されましたね。
阪神からすれば四番を打てる外国人の候補ということで喉から手が出るほど欲しかった選手ではないかと思います。
阪神ファンからすればかなりの朗報でしょうね。

スポンサードリンク

ロザリオの実力について

ロザリオ選手は元メジャーリーガーで最近は韓国でプレーしていた選手ですね。
メジャー通算71本塁打、韓国では2年連続打率3割、ホームラン30本、打点100を達成しているバッターなので、海外での実績は十分と言えるでしょうね。

問題は日本の野球に対応出来るかというところがポイントになるでしょうね。

海外で良い成績を残しても日本の野球に対応できずに結果を残せなかった選手はごまんといるので、そうならないようにしなければいけませんね。

ロザリオのポジションは?

ロザリオ選手は今までファースト、サード、キャッチャーのポジションをしたことがあるようです。
コミュニケーションの問題があるので外国人選手にキャッチャーをさせるとは考えづらいので、おそらくファーストになるのではないかと思います。

阪神は今までファーストで主に大山選手を使っていましたが、来季シュート候補の大和選手がFAでDeNAに移籍したため、大山選手をショートで使うのではないかと言われています。
そうすればファーストが空く状態なので、ロザリオ選手が加入すれば使わない手はないですね。

阪神はホームラン30本を打てるような打者がいなかったので、ロザリオ選手が韓国のように3割30本塁打100打点を達成してくれるようなことになればかなりの戦力アップになるでしょうね。
ホームランバッターは一人いるだけで打線にかなり厚みが出ますし、相手投手からすれば凄く嫌でしょうね。

年棒や背番号について

年棒や背番号については決まっていないようですし、公表されていません。
先日の報道では、ロザリオ選手の獲得に200億円の資金を用意すると報道されたので、かなりの大型契約になることは間違いないと思います。

ロザリオ選手ほどの実績のある選手を獲得しようとなれば並大抵の条件では納得しないでしょうし、大型契約は仕方が無いことでしょうね。
ロザリオ選手が日本の野球に対応出来るかは分かりませんが、阪神としてはもし結果が残して貰えなかったらかなりの痛手になりますね。

スポンサードリンク

まとめ

阪神の今までの最高外国人選手といえば間違い無くランディーバース選手でしょうね。
三冠王も取り、バース選手のような選手はもう現れないかもしれませんね。

バース選手も外国での成績は大したことが無かったようです。
日本の野球に合って日本で花が開いた選手と言えるでしょうね。

バース選手のように、海外で成績が悪くて成功する選手もいれば海外の成績は良いのに日本ではさっぱり活躍出来ない選手もいるので、やはり日本の野球に適応出来そうな選手を選ぶことが重要なのでしょうね。

ロザリオ選手が日本の野球にピッタリ合えばもしかしたら三冠王を狙える選手になる可能性もあるので、そのようになって欲しいですね。
外国人選手は実際に日本でプレーしてみないと分からない部分が多いので、実際にプレーしたところを早く見てみたいですね。

阪神は今年ペナントーレースが2位だったので、来年こそは打倒広島を狙っているでしょうね。
現在広島の強さはセ・リーグでは群を抜いていると思うので、多くの球団が広島を倒そうと必死になっているでしょうね。

広島は資金力の無い球団で、生え抜きの選手ばかりであのような強いチームを作り上げたので、広島のチーム作りは多くの球団が参考にすべきものかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ