ロナウジーニョが引退表明の理由はなぜ?引退後の仕事は?

この記事は3分で読めます

ロナウジーニョ選手が現役引退されることを発表されましたね。
ロナウジーニョ選手はかつて世界最高の選手と言われ、ワールドカップでも大活躍されましたね。
ロナウジーニョ選手のテクニックには世界中が驚きましたね。

スポンサードリンク

ロナウジーニョが引退表明の理由はなぜ?

ロナウジーニョが引退する理由についてですが、正式に公表はされていませんが、年齢による問題だと言われていますね。
ロナウジーニョは現在37歳なので、アスリートとしては厳しい年齢に差し掛かっていると言えるでしょうね。

現在のクラブチームでも目立った結果を残せていないような状態なので、アスリートとしてもピークは過ぎたと言わざるを得ないような状態ですね。
アスリートは必ず年齢の壁にぶち当たることになりますし、年齢が上がってくるとやはり若い選手にはなかなか勝てなくなってくるので、仕方が無いですね。

40代を過ぎたアスリートについて

40歳というのがアスリートの限界とも言われていますね。
バスケットの神様とも言われたマイケルジョーダン選手も40歳で引退されましたね。
35歳くらいで体はかなり変わるとも言われていますが、やはり老化による競技力への影響はかなり大きいのでしょうね。

年齢の感じさせなかったアスリートといえば最近はフロイドメイウェザージュニア選手が思いつきますね。
フロイドメイウェザージュニア選手は40歳で引退されましたが、それまで圧倒的な強さを誇り、一回も負けない絶対王者のままで引退されましたね。

40歳であの動きが出来るのはまさに天才としか言いようがないですね。

日本人で言えばイチロー選手が思いつきますね。
イチロー選手は現在44歳ですが、メジャーリーグで戦っているで、まさに超人としか言いようがないですね。

年齢によって衰えてしまう選手もいますが、年齢を感じさせないような選手もあるので、そのような選手のトレーニングや食生活についてももっと注目すべきかもしれませんね。

ロナウジーニョの引退後について

ロナウジーニョの引退後について、音楽活動とサッカースクールの運営をすると発表されました。
ロナウジーニョにサッカーを教えてもらいたい子供はたくさんいると思いますし、ご自身を超えるような選手の育成を目指して頑張ってもらいたいですね。

音楽活動については詳細は発表されていませんが、現役を引退すると色々と時間や精神的な余裕も出てくると思うので、やりたいことを精一杯頑張って欲しいですね。

アスリートには必ず引退の時期が来ますし、引退してからの人生の方が長いので引退後の生き方も凄く大切になってきますね。

ロナウジーニョ引退に対する世の中の声は?

ロナウジーニョ引退に対する世の中の声は、

「ロナウジーニョ引退か〜俺の原点、憧れ、神でした。ロナウジーニョ生で見たかったな〜画像ならめっちゃあるけど笑」
「ロナウジーニョ、2018年引退!!大物選手がいなくねるなんて……」
「ロナウジーニョ引退か〜いつまでも俺の憧れです。まだ見たかったな世界一のエラシコ 」
「ロナウジーニョ来年引退かー。好きだったなぁ(*´ω`*)お疲れ様です」

などがありました。
現在20代の人からすれば子供の頃の世界一のサッカープレイヤーと言えばロナウジーニョだったと思います。
私自信もワールドカップでロナウジーニョを見たときは本当に驚きました。

ウイニングイレブンでお世話になった人も多いと思います(笑)
サッカーゲームでのロナウジーニョの使いやすさは異常だったと思います。

スポンサードリンク

まとめ

スポーツの世界は必ず世代交代の時期が来ますが、伝説のように凄い選手が引退するのを目にすると少し寂しい気持ちになりますね。
世代交代があるからこそスポーツ界は新陳代謝が出来てレベルが上がっていくのですが、ロナウジーニョほどのテクニックを持った選手はなかなか出てこないかもしれませんね。

 

日本のサッカー界はまだまだ世界のトップとはレベルの差がある状態だと思いますし、日本のサッカー界からも世界のトップと言われるような選手が出てきて欲しいですね。

陸上の世界では4×100メートルリレーでオリンピックで銀メダルを獲得しましたが、サッカーのワールドカップでも日本代表がメダルを獲得するような選チームになって欲しいですね。

本田圭佑選手や長友佑都選手など世界のトップクラブでプレーする選手は出てきたので、日本のサッカーのレベルもどんどん上がっていくかもしれませんね。
サッカーは野球と同じように日本でトップクラスに人気のスポーツの一つなので、レベルを上げていって貰いたいですね。

サッカーは世界で一番競技人口の多いスポーツなので、世界一になるのは凄く難しいことですが、日本のチームがワールドカップで優勝するところを一度で良いので見てみたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ