大谷翔平がエンゼルスを選んだ理由や原因はなぜ?

この記事は3分で読めます

大谷翔平選手の移籍が決定したことが話題になっていますね。
日本球界の宝なので、アメリカに渡っても注目され続けるでしょうね。

スポンサードリンク

大谷翔平がエンゼルスを選んだ理由や原因はなぜ?

大谷翔平選手がエンゼルスを選んだ理由は、エンゼルスのホームグラウンドのフェンスが高く投手有利の球場だからだと言われています。
大谷翔平選手の契約金は2億6000万円で決して高い金額ではありません。

しかしながら大谷翔平選手は金銭面よりも環境面を優先させてエンゼルスを選んだようです。
また、エンゼルスは指名打者制度があるリーグの球団だったことも一つのポイントのようです。

指名打者制度があれば、大谷翔平選手がDHで出場することも少なくないでしょうね。
大谷翔平選手が二刀流をするかどうかはまだ発表されていませんが、おそらくするのではないかと思います。

大谷翔平選手はピッチャーでもバッターでもメジャーリーグで通用する選手だと思いますし、一年目からの活躍に期待したいですね。

大谷翔平のメジャーからの評価について

大谷翔平選手のメジャーリーグからの評価についてですが、ダルビッシュ有投手や田中将大投手以上の実力を持った投手という意見も多いようです。
何と言っても特徴的なのは最速165キロのストレートですね。

ダルビッシュ投手や田中将大投手が日本でプレーしていた時より10キロほど速いですし、ポテンシャルは日本球界最高の選手だと言われています。
メジャーリーグの投手は日本人投手よりも急速が速いイメージがありますが、大谷翔平選手ほど160キロ以上のボールをコンスタントに投げる先発投手はなかなかいないようです。

大谷翔平選手はピッチャーとしては高く評価されていますが、バッターとしての評価はピッチャーほどは高く無いようです。
大谷翔平選手はバッターとして日本でも結果が残せなかった年が結構あるので、メジャーでは大きな活躍は出来ないという意見も多いようです。

大谷翔平選手の飛距離は日本では群を抜いていますが、メジャーではもっと飛ばすようなバッターがたくさんいるのかもしれませんね。
大谷翔平選手は他の選手とも比較されて凄くプレッシャーもあると思いますが、頑張って貰いたいですね。

大谷翔平選手は「和製ベーブルース」と呼ばれているようです。
ベーブルースに負けないような活躍をして欲しいですね。

大谷翔平選手にはピッチャーとしてもバッターとしてもタイトルをとるような活躍をして欲しいですね。
メジャーリーグのボールは日本球界のボールとは全く質が違いますし、メジャーリーグのボールに対応出来るかどうかもポイントでしょうね。
例えば、松坂大輔投手は上手くメジャーリーグのボールに対応出来ずに思うような結果がメジャーリーグで残せませんでしたね。

メジャーリーグのボールは、大きく硬く乾燥しているので、凄く滑りやすいそうです。
ですので、変化球は日本のボールよりも投げにくようです。

大谷翔平選手の対応力にも注目が集まりますね。
また、今までと違うボールを投げていると、体にもかなりの負担がかかる可能性も高いので、ケガにも十分気をつけて欲しいですね。

アメリカは登板間隔が日本よりも狭いので、その分ケガのリスクが高いと言われていますね。
トミージョン手術をするような選手も多いので、体のケアには十分気を付けないといけませんね。

スポンサードリンク

まとめ

大谷翔平選手はメジャーリーグでどのような使われ方をするのかは分かりませんが、今までの日本人選手では成し得なかったような結果を残していって欲しいですね。
今までの日本人選手は誰もサイヤング賞を獲得できていなかったので、ぜひ獲得して欲しいですね。

大谷翔平選手はまだまだ伸び盛りの選手だと思いますし、アメリカでも自己最高球速を更新して欲しいですね。
バッターとしてもホームラン王を狙えるようなポテンシャルはあると思うのでバッターとしての活躍にも注目したいですね。
現在海外で活躍するスポーツ選手が増えてきているので、日本のスポーツ界全体のレベルが上がってきているということでしょうね。

日本の良い選手はどんどんメジャーリーグに行く流れになってきていますし、他の選手がメジャーリーグに行く姿も見てみたいですね。
日本のプロ野球ファンが現在メジャーに挑戦しいぇ欲しいと思う選手は、ソフトバンクの柳田悠岐選手や巨人の菅野智之投手のようです。

特に菅野智之投手はWBCでアメリカ代表相手に好投したこともあり、メジャーリーグでも必ず通用すると言われているようです。
しかし、現在もメジャー挑戦の話が出てきていないので、おそらくメジャーに挑戦することは無いのではないかと思います。

ダルビッシュ投手もサイヤング賞を取ると言われていましたが、現在も思うような結果が残せていないような状況なので、メジャーのレベルはそれだけ高いのでしょうね。
大谷翔平選手のライバルと言われていた藤浪晋太郎投手もいつかは挑戦するかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ