人工知能【AI】に奪われる仕事や残る仕事は?会話は出来る?

この記事は3分で読めます

人工知能について書いていきます。
人工知能は現在世間を賑わせていますし、人工知能によって社会が大きく変わり、あらゆる仕事が無くなる危険性があると言われていますね。

「人工知能は敵か味方か」というような議論はあらゆるところで行われていますし、新しい時代の到来を予感させますね。

スポンサードリンク

人工知能【AI】に奪われる仕事や残る仕事は?

人工知能に奪われる仕事は、事務職、コンビニやスーパーの定員、バスやタクシーの運転手、自動車学校の教員、弁護士などが挙げられています。
また、現在の教育システム自体が無くなるかもしれないと言われているので、そのような状態になれば大学の教授でさえも仕事を失ってしまうことになりますね。

人工知能が奪う仕事とは簡単に言えば「人にやってもらう必要が無い仕事」と言われています。
例えば、コンビニの店員であれば人だろうが人工知能だろうが早く買い物ができればそれで良いと思います。
コンビニやスーパーの買い物を人工知能ですることは技術的にはさほど難しくないので人工知能が普及すれば間違い無く無くなると思います。

自動車に関してはAIが自動で運転するようになると言われているので、そうなれば運転をすることや運転を教えることを仕事にしている人は仕事がなくなってしまいますね。

弁護士は今まで凄く社会的地位の高い仕事と言われていましたが、弁護士の仕事は、過去の判例から今回のケースが何罪に当たるのかを判断するということなので、人工知能の方が早く正確に出来ると言われていますね。

現在一番社会的地位の高い職業と言えば医師だと思いますが、人工知能が体調を管理するようになれば人は病気にならないという意見もあり、もし事実なのであれば、医師でさえ、仕事を失ってしまうことになりますね。

人工知能は現在将棋でも人間を遥かに超える能力を持っているので、一部の能力は人間は到底敵わないのでしょうね。

人工知能に奪われない仕事で言いますと、芸能人、YouTuber、介護士、マンガ家、ミュージシャン、スポーツ選手などが挙げられています。
娯楽系が中心ですね。

人工知能の特性としては今のところは自分では考えないと言われているので、何かを生み出していくような仕事はなかなか人工知能では出来ないと言われています。

人工知能はやはりどこまで行っても人間の道具でしか無いのかもしれませんね。
介護の仕事に関しては残るかどうか意見が割れているようです。

現在人工知能に介護をしてもらうと聞くと凄く違和感がある人がほとんどなので、当分は介護は人間が行うと言われていますが、技術の進歩は時間と共に受け入れられていくものなので、もしかしたら人々が人工知能に介護をして貰うことが当たり前のように受け入れる時代が来るかもしれません。

人工知能【AI】に会話は出来る?

人工知能に会話が出来るかどうかが気に無ぅているようですが、簡単な受け答えであれば出来ます。
しかし、世間話をしたり、趣味嗜好を持ったりは出来ないのではないかと言われています。

脳科学者の茂木健一郎さんも人工知能が発達しても雑談は出来ないのではないかと言っていました。
人間の右脳で行うようなことは人工知能はなかなか超えないのでしょうね。

SFの映画に出てくるような、人工知能が文化を作ったり、人間と戦争をしたりすることは現段階では考えられないようなことのようです。
人工知能は現在もどんどん発達していますし、もしかしたら、雑談をしたりするようになるかもしれませんね。

人工知能が普及した社会について

人工知能が普及すると、現在の仕事の50%が無くなるのではないかと言われています。
つまり、約半数が失業者になってしまうということですね。
現段階では、ほとんどの人が仕事に就くことが出来ている状況ですが、未来はなかなか仕事に就くことが出来ないような状況かもしれませんね。

ですので、これからの働き方といえば自分自信でビジネスを起こしてお金を稼いでいかなければいけないのではないかと言われています。
インターネットがあれば小資本でビジネスを起こすことが出来ますし、現在も多くの人がインターネットでビジネスを起こしている状況ですね。

一番わかりやすい例で言えばYouTuberですね。
YouTubeチャンネルは誰でも開設出来ますし、人気YouTuberになれば年収一億を超えるような収入を得ることも出来るので、凄く華がある世界ですね。

社会の制度としては、ベーシックインカムが必要という意見が多いですね。
ベーシックインカムとは国民全員に月7万円ほど支給して、最低限の生活を補償するというシステムですね。

人工知能が普及した社会では、自分で生活出来るだけの収入を稼げない人がたくさん出てくると思うので、ベーシックインカムで最低限の生活をしないと飢え死にするような人も出てくると言われていますね。
現在常識となっている正社員として就職すれば60歳まで働けるというのは、今までの時代の話であって、これからの時代は変わっていくのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

新しい技術はいつの時代も社会の状況を大きく変えますし、人々は新しい技術を受け入れてうまく付き合っていくほか無いのでしょうね。
今までは労働力に価値があったので、単純に体を動かして働いていれば良かったですが、これからはそんな簡単な時代では無くなっていくのでしょうね。

凄く厳しい社会になると思うので、私達は新しい時代でもしっかり働いて生きていけるように準備しなければいけないかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ