関正生の批判や評判は?TOEICの点数についても

この記事は3分で読めます

関正生先生について書いていきます。
関正生先生はスタディサプリで一気に有名になった予備校講師ですね。

参考書もたくさん出しておられていて評判も凄く良いそうです。

スポンサードリンク

関正生の批判や評判は?

関正生先生の評判についてですが、関正生さんの評判は凄く良いそうです。
現在スタディサプリに入会している人は多いですが、関正生先生の英語を高く評価する人が多いようです。

英語は大学受験の科目の中で最重要科目と言って良い科目だと思いますし、英語が攻略出来れば大学受験は半分突破したようなものだと思います。

関正生先生は高いお金を払って予備校で教えてもらうような先生なので、スタディサプリで学べるとすれば受験生からすればかなり嬉しいでしょうね。

しかしながら関正生先生に対する批判もあるようです。
例えば

「分かりやすいので「分かった気になる」が、いざテストとなった時、点が取れない。」
「「英語の本質」という言葉で、自分の授業や本を凄いものに見せようとしている。実際、この人のいうロジックには例外が多くあり、網羅性に欠ける。」
「この人が挙げた成果とは、「受講生が合格した」ではなく、「この人の本などが売れた」などに終始している。」

などがあります。
どんなに優れた授業でも批判は出てくるものなので、一定の批判が出てくるのは仕方が無いですね。

関正生のTOEICの点数は?

関正生さんのTOEICの点数は、満点の990点のようです。
予備校講師は満点取れるくらいの英語力は必要かもしれませんね。

例えば、東進ハイスクールの安河内先生や現在ロンブーの田村淳さんを指導している東進ゼミナールの青木先生もTOEIC満点のようです。

大学受験の英語を教えるとなれば当然東大、京大、早稲田、慶應などの超難関大学も教えなければいけないので、予備校講師は相当高い英語力が必要とされますね。
凄く難しい仕事なのでしょうね。

スタディサプリについて

スタディサプリについて書いていきます。

今まで実力のある講師の授業を受けようと思えば、予備校に高いお金を払ったり、進学校に行く必要がありましたが、その常識を打ち破ったのがスタディサプリですね。
スタディサプリは月額1000円という破格の値段で、実力のある講師の授業が受けられるので、受験生にとっては相当ありがたいシステムですね。

経済的に裕福で無い人も良い授業を受けられるので、家庭の事情による教育のチャンスの格差が解消されたと言えるかもしれませんね。
スタディサプリは現在も凄いスピードで会員数が増えてきているようですし、高いお金を払って予備校に行くような人がいなくなるかもしれませんね。

参考書学習について

スタディサプリと同じように最近注目を集めているのは参考書学習ですね。
参考書学習と提唱しているところとしては、武田塾が有名ですね。

武田塾は難関大学合格までの参考書ルートも公表していますし、参考書学習であれば偏差値が低い生徒でも確実に偏差値を伸ばしていけるので、凄く理にかなった勉強法でしょうね。
武田塾は現在校舎の数もどんどん増えてきていますし、日本一の塾を目指しているようです。

現在日本一の予備校は東進ハイスクールですが、東進ハイスクールは授業料が凄く高いので、スタディサプリや武田塾に飲み込まれて無くなってしまうかもしれませんね。
合理性から言えば間違いなく参考書学習の方が確実に偏差値を伸ばせると思いますし、参考書学習がこれからの時代のスタンダードになっていくかもしれませんね。

現在塾講師の方が武田塾に転職する人が多いようです。
その理由は、「間違いなく武田塾の勉強システムの方が合理的だから。」だそうです。

参考書学習は現在凄く注目を集めていますし、偏差値が低い生徒でも確実に偏差値を上げていけるので、凄く良いシステムでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

映像授業の普及によって、予備校講師はごく一部の実力がある人しか生き残れないような世界になってきたので、凄く厳しい世界ですね。

映像授業の前の時代は塾ごとに先生が必要でしたが、映像授業があると、実力のある先生が一人いれば日本中の生徒に授業が行き届くようになったので塾業界の形は大きく変わっていくかもしれませんね。

これから、多くの雇用が無くなっていくと言われていますが、塾業界もそうなのかもしれませんね。
今までは会社に就職すれば一生安泰と言われていましたが、これからはそのような甘い時代では無く、実力がある人以外は生き残っていけないような厳しい時代になっていくのかもしれませんね。

時代によって働き方は変わっていくものなので、これからの時代は新しい働き方が必要になってくるのかもしれませんね。
時代はいつも想像が出来ないレベルで変わっていくものなので、現在の働き方も根本的に変わっていくのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ