メッセンジャー(阪神)の復帰はいつでローテの変わり(代役)は?

この記事は2分で読めます

阪神タイガースのエースであるランディ・メッセンジャー投手右腓骨骨折で登録抹消されましたね。
これは阪神にとっては痛すぎる登録抹消ですね。
メッセンジャーは長年阪神のローテーションの中心だった投手ですし、今シーズンも一番安定感がある投手だったと思います。
メッセンジャーが抜けることになりましたが、その代役が誰になるのかも注目されていますね。

スポンサードリンク

メッセンジャーの怪我のひどさは?

全治期間については公表されていませんが、骨折なので、しばらくの期間は復帰出来ないでしょうね。
腓骨とはすねの外側の骨のことです。

巨人戦で阿部選手の打球が腓骨に当たったそうなのですが、当たり所が悪かったようで、骨折になったようです。
硬球は全く凹まないので、プロの速い打球が当たれば骨折することもよくあるようですね。
打球ではなくデットボールでも骨折することが多々あるので、速い打球が当たるとかなり危ないでしょうね。

金本監督によると、今シーズン復帰出来るかどうかは分からないそうです。
記事によると今シーズン中の復帰は絶望的だという見出しもあるので、難しいのかもしれませんね。
阪神は投手陣の安定感が大きな武器だったのですが、メッセンジャー投手が離脱となると、投手力が下がりますね。

 

メッセンジャーの代役

メッセンジャー投手の代役として名前が挙がっているのは藤浪晋太郎投手です。

藤浪投手は元々は阪神のエースと呼ばれた投手なのでぜひこれを機会に完全復活をして欲しいですね。

藤浪投手が2軍に落ちたばかりの頃はコントロールがなかなか定まらず、一軍に上げれるような状態では無かったそうなのですが、現在は成績も安定してきているそうです。
藤浪投手の最大の問題はコントロールであり、ストレートのスピードや、変化球のキレは超一流なので、コントロールを改善して欲しいですね。
藤浪投手は危険球に近いようなボールを投げることも多々あるので、相手からすれば嫌でしょうね。
それで乱闘になったこともあるので、これから注意してもらいたいですね。
プロのストレートが顔面付近に来ることは本当に危ないので、相手が怒るのも無理はないかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

まとめ

先発投手陣の柱であるメッセンジャーが戦線離脱ということで、阪神にとったら大ダメージですね。
しかし、強いチームというのは代役が活躍するので、代役の投手にも頑張ってもらいたいですね。
阪神は現在2位で広島と少しゲーム差が離れてしまっていますが、ここからの巻き返しが見てみたいですね。
阪神は広島に投手力は負けていないですが、打線の力が負けてしまっている状態です。
福留選手や原口選手などまだまだ実力を発揮しきれていない選手もたくさんいるので 頑張って欲しいですね。

 

金本監督が阪神に就任してから、阪神の野球は活気があり、見ていてとても面白いと思います。
去年4位に終わりクライマックスシリーズにも出場できませんでしたが、若手を積極的に起用したり、チーム力を上げようという工夫が見られたのでファンからの評価は高かったようです。
近年の阪神の悩みとして、「若手が育たない」というのがありました。
昨年若手を積極的に起用したおかげで原口選手や北条選手など、勢いがある若手が出てきたので、実りある1年だったと言えるでしょうね。
今年は去年よりも良いチーム成績が残せていますが、去年があったからこそ今年の成績アップがあるのかもしれませんね。

 

金本監督は明るく元気な上にリーダーシップのある監督だと思うので、これから名監督になっていくかもしれませんね。
来年辺りは本当に広島にペナントレースで勝って優勝するかもしれませんね。
金本監督の采配やチーム作りにはこれからも期待したいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ