菊池直子が無罪判決の理由や原因はなぜ?最高裁は?かわいい?

この記事は3分で読めます

元オウム真理教信者の菊池直子さんが無罪判決を受けたことが話題になりましたね。
地下鉄サリン事件という今世紀最大に悲惨な事件に関わっていながら無罪判決が出たことについて様々な意見が飛び交っているようです。

スポンサードリンク

菊池直子が無罪判決の理由や原因はなぜ?

菊池直子さんが無罪判決を受けた理由について気になっている人が多いようです。
第一審では懲役5年の有罪の判決が下っていましたが、第二審で逆転無罪になりました。

菊池直子さんがかけられた容疑はサリン製造や都庁爆弾事件の手助けをしたということです。
第一審では殺人未遂ほう助の罪をかけられ起訴されたが、第二審では逆転無罪になりました。

菊池直子被告の主張は

「薬品を運んだことは間違いありませんが、爆発物の原料とは知らなかった」

ということでした。
爆発物の原料と知らなければ殺人未遂ほう助にはならないので、菊池直子被告の主張が通った形となり、逆転無罪になりました。

しかし、もしそうなのであれば17年間も逃走していたことが一つ引っかかりますね。
知らなかったのであれば、逃走しなくても良かったのではないかと思うのですが、どうなのでしょうかね。

無罪を主張したところで受け入れられるはずが無いと考えて逃走していたのでしょうかね。

菊池直子被告が爆破事件について知っていたかどうかは本人にしか分かりませんが、最高裁が知らなかったと判断したからには国民は受け入れるしか無いでしょうね。

元オウム幹部の上祐史浩さんもサリン事件などとは関わっていなかったとして無罪判決を受けましたね。

オウム事件について詳しいジャーナリストの江川紹子さんは、

「菊池は幹部から言われて薬品を運んだだけで判決は妥当。」
と言っておられました。

オウム事件に詳しい方がそのように仰っていたので、本当に知らなかったのかもしれませんね。

国家賠償について

菊池直子被告は無罪判決を受けたので、国に対して賠償金を請求することができます。
無罪なのにも関わらず不当に身柄を拘束したことに対する賠償金ですね。

一日辺りおよそ1万2500円の賠償金を請求出来るので、
菊池直子被告が拘留されていた3年5ヶ月で考えてみると、約1500万円もの金額を請求出来るということになります。

凄い大金ですね。
しかし、無罪の人間を間違いで拘留したと考えれば妥当な金額かもしれませんね。

菊池直子無罪に対する世の中の声は?

菊池直子さんの無罪に対する世の中の声は

「オーム菊池直子無罪逃げていたのに 」
「【速報】サリン&都庁小包爆弾事件のオウム菊池被告、無罪!!!!ええええええええええどうなんってんの!!?? 」
「菊池直子無罪でびっくりして調べてて知った、江川さんの2012年の記事。逃げ回っていたのは事実にせよ、罪状はまた別といえばそうだよね。先入観はいかんな、あらためて思った」
「おそようさん!元オウムの菊池が無罪確定!って、、、おかしいだろ?裁判官を疑っちゃうよね。」
「豊田が不起訴とか、NHK勝訴とか、オウムの菊池無罪とか、タイトルだけ聞いてると日本の司法を疑いたくなるけど、基本的にはちゃんと法と判例にのっとって裁かれてるわけなのでなんともいえない」

などがありました。
一部無罪は妥当だと考える意見もありましたが、多くの意見は驚きの声でした。
菊池直子被告は長い間指名手配をされていましたし、多くの国民にとったら凶悪犯罪者のイメージが強いのでしょうね。

菊池直子はかわいい?

菊池直子被告は一部でかわいいと評判になっているようです。
その画像がコチラ


どうですかね。
綺麗なのかもしれませんが、私はオウム真理教の元信者ということで少し怖く感じてしまいます。

スポンサードリンク

オウム真理教の現在について

事件の後、オウム真理教は、解散しましたが、現在はアレフとひかりの輪という組織に分裂して残っています。
ひかりの輪は上祐史浩さんが率いている団体で、オウム真理教のようなカルトでは無く、普通にヨガを学ぶ教団のようです。

上祐史浩さんが未だに宗教を続けている理由としては、自分には宗教しか出来ず、宗教を続けることが賠償金を最大化させる手法になると考えているようです。

上祐史浩さんによると、アレフは基本的にオウム真理教と同じ団体のようで、現在でも麻原彰晃さんを敬意の対象として掲げているようです。

まとめ

オウム真理教が起こした事件は、今思い出すだけでも恐ろしいような事件ですし、これからは起こらないような工夫が必要ですね。
オウム真理教には元々凄く頭が良い人格者の方々が入ったようですが、洗脳によって凶悪犯罪者になってしまったようです。

洗脳というのは凄く恐ろしいものなのでしょうね。
一つの宗教団体がサリン事件のような多くの犠牲者を出す事件を起こしてしまったので、しっかり反省を活かしてこれからあのような恐ろしい事件が二度と起こらないようにしなければいけませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ