イチローに引退しろの声?引退はいつ?2017年?引退後は?

この記事は3分で読めます

イチロー選手について書いていきます。
イチロー選手は現在マーリンズから自由契約になって去就注目されていますね。

2017年のシーズンは136試合に出場し、打率は.255、本塁打3本という結果に終わったので、全盛期とは程遠い記録と考えて間違い無いかもしれませんね。

スポンサードリンク

イチローに引退しろの声?

イチロー選手に「引退しろ」という声もたくさんあるようです。
イチロー選手は現在44歳で、これからの成績回復は見込めないと考える人が多いようです。

イチロー選手は現在メジャーリーグで最年長野手ですし、年齢的には現役を続けるべきでは無いという意見は多いようです。

しかしながらイチロー選手は年齢のことは気にしていないようです。
年齢のことは体何歳になっても鍛えることが出来ると考えているようで、以前「なぜこれから僕の絶頂期が来ると考えられないのか。」とコメントしておられました。

イチロー選手の目標は50歳まで現役を続けることのようなので、是非続けて欲しいですね。
2017年にいんたいするのではないかという意見もあるようですが、間違い無く無いと思います。

イチロー選手の獲得に動いている球団もあるようですし、どの球団からもオファーが来ないとは考えづらいです。

イチローの引退後は?

イチロー選手は引退後についても注目が集まっています。
イチロー選手は引退後について何も語っておられません。

ですので、イチロー選手は引退後に何をするのかは決めておられないのかもしれませんね。
世間の意見ではイチロー選手はやはり指導者になって欲しいという意見が多いようです。

イチロー選手の練習に対する姿勢や考え方はどのような選手でも見習うべきものですし、指導者になればチーム良い影響が出るはずだと思います。
イチロー選手のような方をコーチにするわけにはいかないと思うので、指導者になるとすればいきなり監督でしょうね。

イチロー選手はメジャーリーグの野球が好きなので、やるのであれば日本球界では無くメジャーリーグでやるでしょうね。

イチローの移籍先の球団の候補について

イチロー選手がどの球団に行くのか注目を集めていますが、候補に上がっているのは古巣のマリナーズです。
マリナーズはイチロー選手自身も凄く思い入れがある球団ですし、マリナーズからしてもイチロー選手が帰ってくることは歓迎しているのではないかと思います。

イチロー選手がマリナーズを退団した時は、自らの意思で退団されたので、もしかしたら戻りにくいとも思っているかもしれませんね。
マリナーズにいた時がイチロー選手の全盛期だったと思いますし、全盛期の成績を目指すという意味でマリナーズに戻ることは凄く良いことではないかと私は思います。

複数球団がイチロー選手の獲得に動いているようなので、イチロー選手がどの球団を選ぶのか見ものですね。
イチロー選手は打率の成績こそ下がってしまっているものの、守備や走塁面では未だにメジャーリーグトップクラスのようです。

ですので、外野手が不足している球団にとっては、イチロー選手の加入は大きな戦力になると思います。
マーリンズの場合は外野手が揃っていて、イチロー選手をスタメンで使う機会があまりありませんでしたので、イチロー選手の放出はイチロー選手にとっても良いことかもしれませんね。

イチローのトレーニングについて

イチロー選手は初動負荷トレーニングというトレーニングをされています。
一般的なウエイトトレーニングは筋肉に強い負荷を与えて筋肉を大きくするトレーニングですが、初動負荷トレーニングはマシーンを使った動的ストレッチのようなもので、筋肉は大きくなりませんが、柔らかくしなやかな筋肉を付けることが出来るようです。

また、筋肉に対する酸素の供給量も多いので、筋肉の状態を常に良いものに保てるようです。
イチロー選手がケガをしない原因はこれかもしれませんね。

50歳まで現役を続けた山本昌投手もしていたトレーニングですし、このトレーニングがイチロー選手のパフォーマンスを支えているものかもしれませんね。
イチロー選手も初動負荷トレーニングについて
「完全に僕を支えているもの。これが無かったら無理。」
と仰っていました。

初動負荷トレーニングを行っている人はまだまだ少ないですが、これから主流になるトレーニングかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

イチローは現在野球界のレジェンドと呼ばれていますし、一年でも長くイチロー選手のプレーが見たいですね。
イチロー選手が来年どのチームのユニフォームを着るのかは分かりませんが出来ればスタメンで出場して欲しいですね。

イチロー選手は10年連続200本安打の世界記録を持っておられますし、もしかしたら、もう一度年間200安打を打つ姿を見れるかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ