羽生善治の嫁さんは現在どんな人?子供は三人で慶応医学部?

この記事は2分で読めます

将棋の羽生善治さんについて書いていきます。
羽生善治さんは、国民栄誉賞を受賞することが決まって話題になりましたね。

羽生善治さんの嫁さんや子供について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

羽生善治の嫁さんは現在どんな人?

羽生善治さんの嫁さんは、畠田理恵(はただりえ)さんという方です。
畠田理恵さんは、1996年まで女優として活動されていた方ですね。

1994年に出会ったようで、雑誌の対談で初めて出会ったようです。
その後意気投合し、すぐに交際をされたようで、翌年の1995年に婚約を発表されたようです。

1996年に結婚をされたようです。

羽生善治さんとの結婚を機に芸能界を引退されたようです。
羽生善治さんのサポートに全力を尽くされているようですね。

羽生善治さんは、日本の宝のような方ですし、サポートにはかなり負担がかかるでしょうね。

羽生善治と嫁さんの子供について

羽生善治さんと嫁さんの子供について注目が集まっているようですが、娘さんが2人おられるようです。
長女は舞花さんという方で、次女は桃花さんという方のようです。

現在舞花さんは20歳で桃花さんは18歳のようです。
進学先については定かではありませんが、慶應義塾大学の医学部に行っているという噂があります。
慶應の医学部といえば、凄く賢いですし、学費もありえないくらい高いと言われていますね(笑)
医学部は6年間行かなければいけませんが、慶應は私立なので4000万円かかると言われています。

普通の家庭では出せないような数字ですね。
羽生善治さんは当然凄くお金持ちだと思いますし、私立医学部の学費を出すくらいは何てことも無いのかもしれませんね。

羽生善治さんは、日本トップクラスの頭脳の持ち主なので、その頭の良さは遺伝して伝わったのかもしれませんね。

羽生善治と嫁さんの夫婦仲について

羽生善治さんと畠田理恵さんは一度離婚するのではないかという噂が立ったことがあったようです。
しかしながらただの噂でそのような事実は一切無いようです。

畠田理恵さんは一度記者から離婚の噂について取材をされたようですが、全面的に否定をされました。
羽生善治さんは人格者だと思いますし、天才的な頭脳を持ってらっしゃる方なので、畠田理恵さんは羽生善治さんに対する尊敬の念は消えないでしょうね。

週刊誌が自分の雑誌の売るための話題作りとして噂を立てただけかもしれませんね。

棋士の脳について

将棋の棋士さんは凄く頭の良い方が多いですが、一般の方と脳の処理の仕方が違う人も多いようです。
羽生善治さんもそのようですが、棋士の方は映像記憶の記憶力が異常なくらい良い人が多いようです。

FBIの特殊な方が出来るような電話帳を見て一瞬で暗記するようなことが出来るようです。
だからこそ様々なパターンを思考出来るのでしょうね。

普通の人とは違う脳なので、棋士という職業は、特殊な人にしか出来ないような職業なのかもしれませんね。
人間の脳はそれぞれ個性がありますし、得意なことも不得意なことも両方あるので、自分に合った仕事に就くことは凄く大切なことでしょうね。

スポンサードリンク

藤井聡太について

現在将棋の世界は藤井聡太さんの影響でかなり注目を集めていますね。

藤井聡太さんは、中学生ながら将棋の世界で活躍されていますし、これからも凄く楽しみな方ですね。

藤井聡太さんは、これからもどんどん強くなっていくと思いますし、今までの棋士が到達出来なかったレベルにまで至って欲しいですね。
中学生は脳の発達段階が全く未熟な状態ですし、まだまだ強くなっていくでしょうね。

まとめ

羽生善治さんはこれからも将棋の世界の第一戦で活躍し続けて欲しいですね。
2017年に将棋の世界は藤井聡太さんの影響で大フィーバーしたので、羽生善治さんもどんどん盛り上げていって欲しいですね。

一人のスーパースターが現れると、その業界全体が盛り上がるので、凄く良いことですね。
どのような業界もお客さんがいて初めて成り立つ世界なので、注目を集める工夫をしないといけませんね。

将棋は年齢が若い方が有利と言われていますが、羽生善治さんは40代の現在でも日本トップクラスの実力を持っておられますし、これからもそうで有り続けて欲しいですね。
誰にでも年齢による衰えはおとづれますが年齢を重ねても業界の第一戦で活躍するような人は増えてきているので、加齢に対して必要以上にネガティブに考える必要は無いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ