星野仙一の病気の膵臓癌【すいぞうがん】や激やせ画像について

この記事は2分で読めます

星野仙一さんの病気について書いていきます。
星野仙一さんは1月6日にお亡くなりになられたとの報道があり、様々な野球関係者がコメントをされていますね。
プロ野球選手だけでなく、多くの方から愛された方だったので、多くの方がお悔やみを述べておられましたね。

スポンサードリンク

星野仙一の病気の膵臓癌【すいぞうがん】や激やせについて

星野仙一さんは、すい臓がんを患っておられました。
昨年の年末ごろからかなり体調が悪くなっておられたようで、報道もされておりました。

そのため、星野仙一さんは、激やせの状態になっていると言われていました。
星野仙一さんの激やせ状態の画像はコチラです。

右下の画像が分かりやすいですね。
頬がこけているような状態になっており、体調が良さそうには見えませんね。

すい臓がんは厄介な癌で、かの有名なスティーブジョブズ氏もすい臓がんで亡くなられました。

すい臓がんは、50歳~70歳の男性に多い癌で、発症した初期には症状がほとんど出ないため、早期発見が非常に難しい癌です。
また、転移しやすく、転移のスピードが速いため、命に関わるケースになる場合が多いです。

治療法には外科的切除術、放射線、化学療法がありますが、発見される時には既に手遅れであるケースも多く、治療が難しいです。
スティーブジョブズは、早期発見が出来ていたのですが、スティーブジョブズは西洋医学を嫌っており、東洋医学による治療を行っていたのですが、ガンの進行は止まらず、西洋医学の治療を受け始めたころには既に手遅れのような状態になりました。

すい臓がんの治療の場合は、外科的切除術をすることが最も効果的な治療法と言われています。

西洋医学による治療についての評価は賛否両論あり、最近は西洋医学以外の代替療法を選択する人も多いようですが、最終的には自己責任で選択するしかないですね。

西洋医学と東洋医学の違いについて

主な医学は西洋医学と東洋医学があります。
日本では西洋医学の方が一般的ですね。

西洋医学とは、日本の医学部で習う医学で、人体を科学的に分析し、病気に対して科学的にアプローチしようとした医学ですね。

一方で東洋医学は経験医学と言われており、統計学的根拠を元にした医学です。
昔は科学が発展していなかったので、病気に対して様々なことを試してみて効果が合ったものを医学として定めたようです。
ですので、東洋医学の治療は科学的な根拠が無いものが多いです。

ですので、西洋医学のお医者さんは、東洋医学に対して「非科学的なスピリチュアルだ。」と批判される方が多いようです。

西洋医学は主に薬や手術で治しますが、東洋医学は鍼灸や漢方で治すのが基本です。
西洋医学の薬の場合は副作用がありますが、東洋医学の治療は副作用が無いと言われています。

西洋医学と東洋医学のどちらが良い、悪いというものではなく、どちらも得意不得意があります。
例えば、西洋医学は感染症や救急医療に強いと言われています。

西洋医学は戦場で発展した医学なので、救急医療が強いのは理解できますね。

一方で東洋医学が得意としているのは、整形外科的な疾患や難病や精神疾患などです。
東洋医学の場合は、体全体を良くして初めて患部が治るという考え方なので、科学的な根拠が解明されていないような病気についても治療が出来きます。

現在東洋医学的な治療は一般的では無いと思いますし、抵抗がある人も少なくないと思いますが、これから一般的に普及しても良いかもしれませんね。

まとめ

星野仙一さんは野球界に多大な功績を残されましたし、星野仙一さんを尊敬していた人も多いようです。
阪神タイガースの監督に就任されたときは、最下位の常連チームだった阪神タイガースを一気に強くし、主任二年目で優勝に導かれましたね。

その時阪神ファンは星野仙一さんの大ファンになっていました。
凄く人情味があって、熱く、優しい監督なので、慕っている人が多かったですね。

星野仙一さんの姿をもう見れないと思うと凄く寂しい気持ちになりますね。
一回しか無い人生ですし、後悔の無いように人生を全うしたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ