よろずの情報館

いろいろなニュースや日々の生活に役立つことなどを書いていきます。

陸上

世界陸上男子リレーでケンブリッジ飛鳥が走らなかった理由は?

投稿日:

ロンドン世界陸上2017のリレーが終了しましたね。
一番注目されていた男子4×100メートルリレーはジャマイカがまさかの途中棄権ということで日本が38秒04で銅メダルを獲得しましたね。
ラストランのアンカーのボルト選手が途中で怪我をして走りきれないという誰もが予想しなかった結果に終わりましたね。
銅メダルを獲得出来たことは良かったと思いますが、タイムは38秒台でしたし、リオ五輪の結果から考えると37秒台は出せる実力が十分あると思うのでタイムは納得いっていない人が多いのではないでしょうかね。
<>

ケンブリッジ飛鳥が走らなかった理由や原因は?

決勝での日本代表の走順は
多田修平→飯塚翔太→桐生祥秀→藤光謙司
という走順になりました。

予選を走っていたケンブリッジ飛鳥選手が外されるという結果になりました。
ケンブリッジ選手が走らなかった理由はコンディション面が良くなかったからのようです。

個人の100メートルでも10秒2台だったので、本調子では無かったのでしょうね。
また、予選では桐生選手とのバトンパスの部分でかなり詰まって失敗していたので、藤光選手の方が安心出来るという判断だったのでしょうね。
結果的に桐生選手と藤光選手のバトンパスは上手くいきましたし、藤光選手にして正解だったと言えるでしょうね。

決勝の走りについて

1走の多田選手は良かったと思います。
1番外側のレーンを走っていましたが、内側を走っている選手を突き放すような走りでしたね。

2走の飯塚選手は予選の時よりかは良かったと思いますが、昨年のリオ五輪の時に比べれば少し劣るのではないかと思いました。
イギリス7やアメリカに詰められてしまっていた印象がありますね。

3走の桐生選手は相変わらず速かったですね。
100メートルの選手なのにコーナーを走るのが凄く上手いですね。
これからしばらくレーの3走は桐生選手の定位置になりそうですね。

4走の藤光選手は順位をキープしてくれましたね。
アメリカやイギリスとは少し離れすぎていたのであそこから巻き返すのはさすがに難しいですね。

イギリスが優勝しましたが、大会前はアメリカやジャマイカの優勝を予想した人がほとんどで、イギリスの優勝を予想した人なんてほとんどいなかっいたと思います。
日本にとってジャマイカとアメリカがライバルになると言われていましたが、これからイギリスがライバルになっていくかもしれませんね。
[]

まとめ

日本代表のタイムを見れば少し物足りない感じはありますが、銅メダルを獲得出来たことは良かったと思います。
サニブラウン選手も走っていませんし、次回の世界大会はサニブラウン選手やリオ五輪で1走を務めた山縣選手もリレーメンバーの候補に加わるでしょうね。
これだけ層の厚日本スプリント界は今まで無かったと思います。
いつ誰がリレーメンバーを外れてもおかしくないような状況ですので、どんな選手もうかうかしていられないですね。
次回の世界大会は2年後の世界陸上になりますが、そのときはサニブラウン選手も20歳になるので今より大きく力を伸ばしているかもしれませんね。
日本代表はこれから金メダルを狙えるチームになっていく可能性が高いと思うので、ぜひ期待したいですね。
サニブラウン選手はいずれ世界大会で金メダルを獲るような選手になる可能性もありますし、ケガだけには気をつけてこれから頑張ってもらいたいですね。

 

ボルト選手が今大会で引退するので、これからの陸上の短距離界は絶対的なエースがいない中での闘いになりますね。
コールマン選手など、若くて実力のある選手が出てきているので、ここにサニブラウン選手など日本人選手がメダル争いに絡めてくると日本の陸上界はもっと面白くなっていきますね。
[]

-陸上

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鈴木雄介【競歩 】が資格停止!現在や不正申請の金額は?

鈴木雄介選手について書いていたいと思います。 鈴木雄介選手は不正申請によって資格停止になった事が話題になりましたね。 凄く実力のある選手なだけに残念に思っている人も多いと思います。 Contents1 …

塚原直貴の嫁や現在について!筋肉の画像や引退レースについても

2016年陸上競技人生に終止符を打たれた塚原直貴さんについて書いていきます。 8月19日の炎の体育会TVにも出演して中学生の速い子を相手に走ったことでも話題になりましたね。 Contents1 塚原直 …

多田修平がかわいいと評判!スタートダッシュのコツについても!

2017年の陸上界で一躍ブレイクした多田修平選手について書いていきます。 多田選手は関西学院大学の3年生で、21歳ながら日本選手権でリオ五輪のリレーメンバーを抑えて2位に入り、一躍有名になりましたね。 …

ウサイン・ボルトのポーズに意味や名前はあるのか?

もうすぐ世界陸上が始まりますね。注目はなんと言っても今大会で引退を決めているウサインボルト選手です。 ウサインボルト選手は人類史上最速の男なので、一つの伝説が終わると考えると寂しい気持ちになりますね。 …

室伏広治のトレーニングメニューや理論は?結婚相手も

室伏広治さんについて書いていきます。 室伏広治さんは日本史上最高の身体能力を持っているということで評判の方ですね。 室伏広治さんを超える身体能力を持った方はもう現れないのではないかとすら言われています …