松坂大輔の移籍先の候補の球団の予想はどこ?引退の可能性は?

この記事は3分で読めます

松坂大輔投手について書いていきます。
松坂大輔投手は現在現役続行を目指して活動されていますね。

松坂大輔投手はこれからどのようになっていくか注目が集まっていますね。

スポンサードリンク

松坂大輔の移籍先の候補の球団の予想はどこ?

松坂大輔投手の移籍先の候補についてですが、松坂大輔投手は中日のプロテストを受けられました。
元日本球界のエースで、メジャーリーグで大型契約を結んだ投手が現在プロテストを受けるなんて考にくいような光景ですね。

中日のプロテストを受けているということなので、今のところ中日が入団の候補の球団の最有力ということでしょうね。
古巣西武への復帰を期待している人もいるようですが、おそらく西武への復帰は無いと思います。

松坂大輔投手はメジャーリーグから日本球界に復帰したとき、ソフトバンクを選択されました。
多くのプロ野球関係者からは「西武に戻るべきだ」という意見があり、とある記者が松坂大輔投手に質問したところ、西武からのオファーは無かったそうです(笑)

松坂大輔投手自身は西武に戻りたかったようですが、西武の球団が松坂大輔投手を必要としていなかったようです。
メジャーリーグから帰ってきたばかりの松坂大輔投手にオファーをしていなかったので、現在の松坂大輔投手にオファーをするとは考えにくいですね。

松坂大輔投手がもう一度西武のユニフォームを来てプレーする姿を見たい気がしますが、そのようなことはもう無いのでしょうね。
アスリートは皆年齢による衰えと戦っていかなければいけませんし、年齢を重ねてくると厳しい現実が待っているのでしょうね。

引退の可能性についても注目が集まっていますが、移籍先の球団が見つからなければいなちすることになるでしょうね。
松坂大輔投手は、知名度やネームバリューは抜群ですが、現在の実力はローテーションで使えるような状態ではないので、欲しいと思う球団は少ないかもしれませんね。

松坂大輔投手の実力について

松坂大輔投手は「平成の怪物」と呼ばれ、元々は日本球界を代表するピッチャーでしたね。
WBCでも第1回、第2回と二大会連続でMVPを受賞し、日本の連覇に大きく貢献しましたね。

メジャーリーグに挑戦する時もかなりの大型契約をされましたし、注目度はかなり集めましたね。
しかしながら、メジャーリーグでは周りが期待するほどの活躍は出来ませんでしたね。

もちろん大きく活躍した年もありましたが、ほとんどの年は大活躍と言えるような活躍がありませんでしたね。

松坂大輔がメジャーで活躍出来なかった理由について

松坂大輔投手がメジャーリーグで活躍出来なかった理由について、メジャーリーグのボールが大きく影響しているのではないかと言われていますね。
メジャーリーグのボールは日本球界のボールと比べて大きくて硬く乾燥しているのが特徴的です。

日本のボールに比べて凄く滑りやすいと言われています。
この滑るボールが松坂大輔投手を大きく苦しめたと言われています。

日本のボールに比べて変化球が圧倒的に投げにくいようです。
松坂大輔投手の武器といえば切れ味の良いスライダーですが、滑ってしまうので上手く投げられなかったようです。

そのため、試合中頻繁に汗をボールに付ける動作をされていました。
汗をボールに付けるとボールに湿り気が出るので、少し滑りにくくなるようです。

ピッチャーはボールが少し変わっただけで感覚が全然違うと言いますし、少しの違いでパフォーマンスに大きく影響が出てしまうものなのでしょうね。

松坂大輔投手のソフトバンクの年棒は?

松坂大輔投手のソフトバンクでの年棒は3年で12億円です。
3年で12億で活躍してもらえなかったので、戦力外通告は仕方が無いかもしれませんね。

ソフトバンクは松坂大輔投手は日本でならまだ十分活躍出来ると考えたのだと思いますが、現実はそう甘くなかったのでしょうね。
松坂大輔投手は再契約するにしても年棒は決して高くはならないでしょうね。

松坂大輔の高校時代について

松坂大輔投手の高校時代の活躍はすごかったです。


横浜高校に在籍しておられ、公式戦では44戦無敗という成績を残しておられ、殆どの試合が無失点投球をされています。

松坂大輔投手と高校時代に投げ合った現日本テレビのアナウンサーの上重聡さんは、松坂大輔投手について「漫画のようなピッチャーだった。」と表現されていました。
松坂大輔投手の存在感は当時の高校球界の中では圧倒的でした。

98年甲子園決勝ではノーヒットノーランを達成し、日本中を駆け巡る話題になりました。
まさに「平成の怪物」との呼び名にふさわしい活躍ですね。

メジャーリーグからの日本人投手の評価について

メジャーリーグからの日本人投手の評価は近年上がってきています。
元々はさほど高くなかったのですが、日本人投手がメジャーリーグで活躍していたり、WBCなどの国際大会での活躍によって評価が上がっているようです。

ダルビッシュ有投手、田中将大投手、岩隈久志投手、上原浩治投手などが活躍されていますね。
2018年には大谷翔平投手も挑戦されるので、期待したいですね。

大谷翔平投手ならサイヤング賞を獲得する可能性もあるでしょうね。

日本人野手の評価はあまり高く無いようです。
今まで大きく活躍した選手はイチロー選手と松井秀喜選手くらいですね。

西岡剛選手や、松井稼頭央選手や、岩村明憲選手など、大きく期待されてメジャーリーグに挑戦したバッターはたくさんいますが、皆活躍出来なかったので、メジャーリーグからの日本人野手の評価は下がってしまっている状態のようです。

ダルビッシュ有投手が以前言っていたのですが、基本的に日本人が飛距離などで勝負は出来ないようです。
日本人はフィジカルが弱いと言われていますが、パワーで外国人選手と闘うことはやはり難しいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

松坂大輔投手の去就が心配ですが、どこかの球団には決まって欲しいですね。
松坂大輔投手は現在37歳であり、衰えを隠せないような状態ですが、引退するにはまだ早いのではないかと思います。

山本昌投手は50歳までプレーされましたし、最近年齢を重ねても活躍する選手も増えてきているので、松坂大輔投手のようなポテンシャルが高い投手が引退してしまうのは勿体無い気がしますね。

来年の松坂大輔投手のユニフォーム姿が見たいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ