ぜんじろう【芸人】の現在の写真は?消えた理由や原因はなぜ?

この記事は3分で読めます

ぜんじろうさんについて書いていきます。
ぜんじろうさんは「平成のさんま」と呼ばれ、凄く人気だった芸人さんですね。

しかし、現在は消えてしまい、テレビで見かける事は殆ど無い状態になりましたね。
しかしながら、年末特番である、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」に出演し、話題になりましたね。

スポンサードリンク

ぜんじろう【芸人】の現在の写真は?

ぜんじろうさんの現在の写真について気になっている人が多いようです。
写真はコチラ↓

昔の写真はコチラ↓

面影がありますね。
やはり若い時のぜんじろうさんはカッコイイですね。

全盛期の人気度は凄かったですし、女性にモテるのも頷けますね。

ぜんじろうさんは現在スタンダップコメディの公演や、動画配信サイトでの生放送などの活動をされています。
現在はインターネットを使用する人がかなり増えてきているので、テレビに出演出来なくなってもインターネットで活躍出来ますね。

実際、テレビで消えた芸人がYouTuberになって、凄く人気が出ているケースもあるので、これからそのような人は増えていくでしょうね。
今までは芸人が一度消えてしまうとそれから人生真っ暗のような状態になりかねないような時代でしたが、現在は変わってきているのでしょうね。

ぜんじろうが消えた理由について

ぜんじろうさんが消えたのは1998年頃です。
関西のローカル番組で活動されており、1995年に東京に進出し、様々なレギュラー番組に出演され活躍されていました。

しかしながら関西での勢いは続かず、東京でのレギュラー番組は次々に減り続け、最終的にはレギュラー番組が0本になってしまいました。
ぜんじろうさんが消えた理由は、実力不足もしくは東京の笑いに合っていなかったということでしょうね。

チュートリアルがそうですが、関西で売れた芸人は東京に憧れる人が多いようです。
東京がやはり何事も本場ですし、東京での成功こそ本当の意味での成功と考える人が多いのでしょうね。

しかし、ぜんじろうさんのように、関西での地位を捨てて東京へ挑戦して失敗して全てを失うケースもあるので、リスクとリターンを考えて行動すべきでしょうね。
ぜんじろうさんは、ナインティーナインや、ロンドンブーツ1号2号のような新しい世代の波に飲み込まれてしまったようです。

笑いにはトレンドがありますし、どんな業界でも若くて優秀な方は入ってくるので、そのような方と戦わなければいけないので、人気商売は難しいですね。

ぜんじろうの人気や実力について

ぜんじろうさんの全盛期の人気は凄かったですね。
「平成の明石家さんま」と呼ばれレギュラー番組は最高で17本を持っておられました。

凄さが伺えますね。
17本あったレギュラー番組が0本にまで減ってしまったのですから、芸能界はやはり恐ろしい世界ですね。

全盛期の人気は明石家さんまさんに匹敵するほどでしたし、そのような方でさえ消えてしまうのですから、芸能界は厳しい世界なのでしょうね。

スポンサードリンク

テレビに消えてからのぜんじろうさんの活躍について

ぜんじろうさんはテレビに消えてから、活動の場を海外に移されました。
ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなどで活動され、映画にも出演されました。

3年ほど海外で活動され、その後日本に帰ってきて活動を再開されたようです。
2009年には村上ショージとややウケちょいウケというコンビも結成されて、活動をされました。

これからの活躍にも期待したいですね。

実力があれば、一度地に落ちてしまっても這い上がれると思いますし、実力がなければ一時売れてもすぐに落ちてしまうと思いますし、やはり実力を高めていくことが一番大切なのでしょうね。

芸能人として売れ続けることが出来る人はごく一部の人だけですが、凄く夢がある世界だと思うので、頑張って欲しいですね。

まとめ

ぜんじろうさんはこれからどのような活動をしていくのかは分かりませんが、一度全国的に売れた実力は本物だと思うので、もう一度かつての輝きを取り戻して欲しいですね。
有吉弘行さんのように一度完全に消えてしまっても復活する人もいるので、そのようになって欲しいですね。

テレビでは無くインターネットでも売れれば大金を稼げるような時代なので、インターネットで人気になるという道もあるでしょうね。
働き方は時代によって変わっていきますし、今はインターネットで小資本でビジネスが出来る時代なので、社会のレールから外れてしまうことにあまり意味が無いかもしれませんね。

ぜんじろうさんは今の子供達は知らないと思いますが、年配の方は知っている方が多いと思いますし、応援したくなる芸人でしょうね。
これからの活躍に目が離せないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ