野口五郎の副業とは?ドリカムのテイクアウトライブカードについて

この記事は2分で読めます

アイドルの野口五郎さんが、副業をしていたことが話題になりましたね。
その副業が上手くいき、すごく大きな額を稼いでいたことが明らかになりましたね。

その副業のシステムについて気になっている人が多いようなので、取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

野口五郎の副業とは?

野口五郎さんがしていた副業とは、DREAMS COME TRUEの全国ツアーで販売中の「テイクアウトライブカード」の発案です。
テイクアウトライブカードとは、カードのQRコードをスマートフォンで読み取ると、コンサートの360度のステージ映像や、開演直前の様子を見る事が出来るシステムです。

「コンサートのお持ち帰り」というコンセプトのサービスで凄く評判が良いようです。
今回のツアーから導入され、価格は1枚1500円です。

ライブに行った感動を家でもう一度味わえるので画期的なシステムだと思います。

売れ行きも凄く、昨年10月の開幕から現在まで18公演で1万枚以上を売り上げたようです。
野口五郎さんは、音楽のダウンロードのシステムなど、音楽界の未来のことを考えてずっと副業を考えておられたようです。

その考えておられた副業のシステムが今回形になったようです。
かなり懐は潤ったようです(笑)

1500円のカードが1万枚以上売れたので、1500×1万=1500万円以上の売上にはなっていますね。

テイクアウトライブカードのシステムは今後様々な所で使われるかもしれませんね。
現在はインターネット社会ですし、スマートフォンの上で全てが解決する時代になるので、スマートフォンとビジネスを上手く絡めていかないといけないでしょうね。

インターネット上のサービスは原価がほとんどかからないですし、レバレッジが無限に効くので、インターネット上のビジネスがこれからの時代では最も効率的なビジネスでしょうね。

スポンサードリンク

野口五郎の現在について

野口五郎さんは、最近バライティー番組に出演されることも以前と比べれば少なくなったので、病気の噂も出ていました。
現在61歳なので、体に異常が出てもおかしくない年齢ですね。

野口五郎さんの病気について調べてみたのですが、特にそのような情報はありませんでした。
ですので、野口五郎さんが病気というのはただの噂のようです。

年齢を重ねてくるとどうしても病気になりやすくなってしまうので、気を付けて欲しいですね。
治る病気ならまだ良いですが、治らない病気や重い障害が残ってしまう病気もあるので健康第一で頑張って欲しいですね。

まとめ

新しいものを生み出すことは、若い人でないと難しいという意見もありますが、野口五郎さんのような還暦を越した方でも若い人達に流行るサービスを作られたので、何歳になっても遅くないのかもしれませんね。

現在はインターネット社会で、インターネットがあれば小資本で大きなお金を生み出せる時代なので、どのような人にもビジネスチャンスがあるでしょうね。
小学生でもYouTuberとして人気になったり、おもしろいウェブサービスを生み出したりすれば億万長者になれるような時代なので、すごく夢のある時代ですね。

AIの普及により、労働力に価値が無くなると言われていますし、働き方はこれから大きく変わっていくのかもしれませんね。
野口五郎さんが考えたシステムは非常に画期的なシステムだと思いますし、これからも流行り続けると思います。

時代によって流行るサービスは変わっていきますし、常に時代を意識していくことが大切なのでしょうね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ