愛希れいかの退団発表の理由や原因はなぜ?いつ?退団後の活動は?

この記事は2分で読めます

愛希れいかさんの退団発表が話題になっていますね。
愛希れいかさんは2018年11月18日の東京宝塚劇場公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』の千秋楽をもって退団されます。

愛希れいかさんは凄くファンの多い娘役なので、残念に思っている方も多いようです。

スポンサードリンク

愛希れいかの退団発表の理由や原因はなぜ?

愛希れいかさんの退団発表の理由について気になっている人が多いようです。
調べてみたのですが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

どうやらまだ愛希れいかさん自身から退団理由が発表されていないようです。
ですので、発表され次第、この記事に追記していきたいと思います。

愛希れいかさんは、中学を卒業した、2007年4月に宝塚音楽学校に入学されました。
中学を卒業されてすぐに自分の人生を決めて宝塚音楽学校に入学されたので、すごく固い意志を持った方なのかもしれませんね。

年齢について、愛希れいかさん自身は年齢を発表しておられませんが、ネット上の情報では26歳と言われています。
26歳であればまだまだ出来る年齢ですし、これからの人生も長いので今後の活動についても注目が集まっています。

愛希れいかの退団後の活動について

愛希れいかさんの退団後の活動についても注目が集まっているので調べてみました。
しかし、残念ながら今度の活動についての情報を見つけることが出来ませんでした。

どうやら、まだ今後の活動について何も発表されていないようです。
まだ、若く、どのような活動でも出来るような年齢なので、どのような活動をされるのか目が離せないですね。

愛希れいかの退団発表に対する世の中の声は?

愛希れいかさんの退団発表に対する世の中の声は、

「トップ歴は長いけど、まだ若いので」
「1789のマリーアントワネットが凄い良かった。」
「エリザベート、必ず観に行きます」
「たまちゃぴで添い遂げるのかなって期待もちょっとしてたから残念だけど、
いち娘役の枠を越えた素晴らしい役者さんです」
「トップになった時はまさかここまでの娘役になるとは思わなかったな。」
「これだけキャリアがあってまだ20代半ばですから、退団後のご活躍も楽しみです。」
「最近では花總まりさん以来の長期トップ娘役さんでしたが、背も高く器用なのに可憐な印象でした。」

などがありました。
愛希れいかさんの今までの功績を称える意見が多かったです。

それだけファンにとって偉大な存在だったのでしょうね。

愛希れいかさんの経歴について

愛希れいかさんは、身長が167cmと、女性にしては高身長だったため、2009年に男役として、劇団に入団されました。
しかし、歌唱力やたたずまいから、娘役への再転向を薦められ、2011年の5月に、娘役に戻られました。

その後、「アルジェの男」「アリスの恋人」で活躍され、娘役転向から1年足らずでトップ娘役に就かれました。
安定した歌唱力、ダンスと、柔軟な芝居心が人気で、6年7カ月の長きに渡り、トップ娘役を務めてこられました。

輝かしい経歴をお持ちの方なので、退団されることが寂しいですね。

まとめ

愛希れいかさんが退団されて、多くのファンにとってはショックだと思いますが、愛希れいかさん自身が決められたことなので仕方ないですね。
愛希れいかさんはまだまだ若く、どのような活動も出来ると思うので、これからの活躍にも期待したいですね。

2018年11月18日の公演が最後なので、最後の公演には多くのファンが集まるでしょうね。
最後の公演でどのような演技をされるのかすごく注目が集まると思いますし、見物ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ