上原浩治が引退示唆!理由はなぜ?引退の可能性や引退後の生活は?

この記事は2分で読めます

メジャーリーグのカブスからFAとなっている上原浩治投手が今季限りでの引退を示唆されたことが話題になりましたね。
上原浩治投手は45歳くらいまでは続けるのでひゃないかと言われていたので、驚いている人も多いようです。

イチロー選手も50歳まで続けられることを目標にプレーされていますし、上原浩治投手もそれぐらい長く続けて欲しいという意見もありましたね。

引退後の仕事や生活についても注目が集まっているようです。

また、日本球界に復帰して欲しいという声もあるので、その可能性についても書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

上原浩治が引退示唆の理由はなぜ?

上原浩治投手が引退を示唆された理由は、今季がメジャー10年目の節目の年だらかのようです。
複数の球団からのオファーはあるようですが、残念ながら契約までには至っていないようです。

上原浩治投手曰く、今季の契約が見つかれば90%の確率で引退をされるようです。
かなり高い可能性で上原浩治投手のユニフォーム姿はあと一年しかもう見れないということになりますね。

マイナー契約や、日本球界復帰の可能性についても質問があったのですが、上原浩治投手は日本球界に復帰やマイナー契約での現役続行は考えていないようです。
ですので、メジャーリーグとの球団との契約がまとまらない限りは、現役を引退されることになるようです。

残念ですが、仕方が無いですね。
契約については、まとまりそうでまとまらないような状態のようで、厳しい状態であることには間違い無いようです。

上原浩治の引退後の仕事について

上原浩治投手の引退後の生活についても注目が集まっていますが、上原浩治投手自身の口からは明かされていません、
巨人の指導者になるのではないかという噂もあります。

上原浩治投手は、巨人の高橋由伸監督と同級生ですし、仲が良いようです。
上原浩治投手は巨人で10年間エースとして活躍され、メジャーリーグでも活躍されたので、実績は申し分無いですね。

上原浩治投手は、巨人では先発を経験され、メジャーリーグでは中継ぎを経験され、両方経験されているので、先発投手への指導も中継ぎ投手への指導も両方出来ると思います。

ですので、コーチになるにはこれ以上無いような優秀な方ではないかと思います。

スポンサードリンク

上原浩治の実力について

上原浩治投手の昨シーズンの成績は、49試合に登板され、防御率は3.98でした。
全盛期の上原浩治投手は、73試合に登板され、防御率1.09という成績を残されたので、全盛期と比べると物足りない成績になっていますが、中継ぎ陣の層が薄い球団であれば十分通用すると思います。
中継ぎ投手は、精神的なコントロールが凄く大切ですし、経験が凄く大切になってくるポジションなので、上原浩治投手はまだまだ活躍出来るのではないかと私は思っています。
しかし、メジャーリーグの球団はやはり年齢を気にして40歳を超えると契約が難しくなってくるようです。
イチロー選手が未だ契約に至っていない理由も年齢的な問題が大きいのでしょうね。

まとめ

上原浩治投手はメジャーリーグでも活躍されましたし、引退後も野球と関わって欲しいですね。
上原浩治投手から学びたいという若いピッチャーもたくさんいると思いますし、自分の選手生活を通して培った経験や知識を後輩に伝えて欲しいですね。

2018年は上原浩治投手の最後のシーズンになる可能性が高いですので、良い結果を残して有終の美を飾って欲しいですね。
一度しかない競技人生ですし、悔いのないように最後までやり遂げて欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ