中日が松坂大輔を獲得した理由はなぜ?年棒は?起用法は?

この記事は2分で読めます

中日が松坂大輔投手を獲得されたことが話題になりましたね。
松坂大輔投手は引退の可能性も囁かれていたので、無事に決まって良かったです。
年棒や起用法が先発か中継ぎかにも注目が集まっているので、取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

中日が松坂大輔を獲得した理由はなぜ?

中日が松坂大輔投手を獲得した理由についてですが、森繁和監督の意向が強いと言われています。
森繁和監督はピッチャーを育てるのがとても上手な方ですし、松坂大輔投手の投球をみてまだまだ使えると感じたようです。

中日にいたベテラン投手と言えば山本昌投手ですね。

山本昌投手と言えば50歳まで現役を続けられたことで有名ですね。
ケガも少なく、ストレートのキレは40代でも球界トップクラスと評価している人がいました。

現在現役のベテラン投手と言えば、岩瀬仁紀投手ですね。


岩瀬仁紀投手は43歳ながら現役で投げておられますし、37歳の松坂大輔投手も上手くトレーニングを積めばまだまだ使えるという判断をされたのでしょうね。

また、ファンを呼べるから獲得したのではないかという意見もあります(笑)
球団はファンからお金を払って貰って球団経営が成り立つものですし、松坂大輔投手は知名度も経歴も申し分無いので、多くのファンを呼べるでしょうね。

日本ハムで斎藤佑樹投手が未だに現役を続けておられますが、日本ハムが契約をする理由は、ファンを呼べるからではないかとも言われていますね。

松坂大輔の年棒や起用法は?

松坂大輔投手の年棒や起用法について書いていきます。
年棒は1500万円のようです。

ソフトバンク時代は4億円貰っていたのですから大減棒ですね。
ソフトバンク時代に一軍登板も少なく、活躍も出来ていなかったので、1500万円の年棒は仕方が無いでしょうね。

背番号は「99」のようです。
背番号「99」は良い番号では無いと思いますが、1からの挑戦者の気持ちで頑張って欲しいですね。

起用法についても注目が集まっていますが、残念ながら明らかになっていません。
現在の状態から言えば先発はなかなか難しいのではないかと思います。

先発投手はスタミナが必要ですし、体に来る負担も大きいので、中継ぎの方が適しているのではないかと私は思います。
中継ぎはピンチの場面で登板することもありますし、精神的なコントロールが凄く大切なポジションだと思います。

キャッチャーのように、経験がモノを言うポジションだと思いますし。松坂大輔投手の今までの経験を活かせるポジションではないかと思います。

スポンサードリンク

まとめ

松坂大輔投手の全盛期の輝きは凄まじいものでしたし、またかつての輝きを取り戻して欲しいですね。
松坂大輔投手のポテンシャルは間違いなく本物ですし、中日で良いトレーニングを積んで頑張って欲しいですね。

松坂大輔投手が現役にこだわっておられるのは紛れもなく野球が好きだからだと思いますし、一年でも長く続けられるように頑張って欲しいですね。
山本昌投手は50歳まで続けられましたし、イチロー選手も50歳まで続けるつもりのようなので、松坂大輔投手も負けないくらい長い間の活躍を期待したいですね。

年齢を重ねてくると確かに体が動きにくくなりますし、怪我もしやすくなりますが、現在はトレーニングも発展してきていますし、年齢を重ねても良い動きをキープ出来る人も増えてきているので、松坂大輔投手もそのようになって頂きたいですね。

加齢に対しては皆さんネガティブに捉えがちですが、経験や知識を積めば人間はいつまでも成長することは可能だと思うので。加齢に対してポジティブにとらえるべきなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ