梅ジャムが製造終了した理由や原因はなぜ?世の中の声や感想は?

この記事は2分で読めます

梅ジャムが製造終了したことがニュースになりましたね。
有名な駄菓子なだけにショックの人も多いようです。

梅ジャムが製造終了した理由や原因についても気になっている人が多いようなので、取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

梅ジャムが製造終了した理由や原因はなぜ?

梅ジャムが製造終了した理由についてですが、梅ジャムの作成者である高林博文さんが、87歳になられ、体力が限界を迎えられたようです。
87歳で働く事はなかなか難しい部分があるでしょうね。

梅ジャムを作成する後継者も見つからなかったようです。
出来れば若い誰かに後継者になってもらいたかったでしょうね。

大人になると駄菓子に対する興味は薄れていきますし、駄菓子の製造をしたいという方はなかなか出てこないでしょうね。
高林博文さんが梅ジャムの創業者なのですが、ずっと一人で作り続けてきたようです。

誰かを雇ったりもせず、一人でされてきたので、梅ジャムの作り方は高林博文さんしか知らないということですね。
梅ジャムはせんべいにつけて食べることで人気で、梅が苦手な人でもおいしく食べることが出来ると言われていました。

人気の商品だったので、ネット上には悲しみの声が溢れています。

梅ジャム製造終了に対する世の中の声は?

梅ジャムの製造終了に対して世の中の声は、

「駄菓子の元祖 梅ジャム1人で作っていた高林さんがご高齢の為12月で生産終了。各店頭、在庫のみって事みたいです(´;ω;`)食べたい方は急いで駄菓子屋さんへ!」
「梅ジャム食べた事ないけど、だがしかしで梅ジャムの話があったな!ついにこの時が来てしまったのか!」
「梅ジャム無くなるの!?!?悲しいンゴ…」
「なんか寂しいですね。まさかお一人で作っていたとは。お疲れ様でした。」
「マジか、梅ジャムなくなっちゃうんか、、」

などがありました。
一人で長年作ってこられたということで、ねぎらいの声がとても多かったです。

スポンサードリンク

まとめ

駄菓子は生活に不可欠な商品では無いですが、有名な駄菓子が一つ無くなったと考えると凄く寂しい気がしますね。
駄菓子は大人になってからは食べる機会が凄く減ってしまいますが、昔を思い出すという意味で食べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

大人になると金銭的な余裕が生まれますし、高いお菓子を食べることが出来るようになるので、駄菓子を食べたいと感じる人なんてなかなかいないでしょうね。
梅ジャムの作者である高林博文さんにはこころの底からお疲れ様でしたと言いたいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ