藤崎マーケット・トキの被害総額や内容は?

この記事は3分で読めます

仮想通貨取引所の運営大手コインチェックが不正アクセスによって、580億円分の仮想通貨が外部に送金され、消失したと発表されましたね。、
仮想通貨はかなり流行していたので、大ニュースになりましたね。

有名人も仮想通貨に手を出していた人も多かったので、被害を受けた人もいるようですね。

スポンサードリンク

藤崎マーケット・トキの被害総額や内容は?

芸能人で一番話題になったのは、藤崎マーケットのトキさんですね。
藤崎マーケットのトキさんはご自身のTwitterで、

「貯金すべてなくなりました。仕事ください」

とツイートされていました。
その後に、

「強いお酒を飲んだにもかかわらず昨夜は寝れなかった」

ともツイートされました。
被害の大きさが伺えますね。

仮想通貨は凄く話題になっていたので、手を出していた人も多いですね。
今回のようなセキュリティーの問題について深く考えていた人はほとんどいなかったと思いますし、仮想通貨の安全性を見直さなければいけない機会でしょうね。

藤崎マーケットトキさんの被害総額について注目が集まっていますが、具体的な金額は公表されていません。
ですが、貯金が全て無くなったと仰っていたので、かなり多くの金額を失ってしまったのでしょうね。

お笑い芸人のような何の保証も無い仕事は、凄くお金の面で不安な事が多いと思うので、今回のショックは計り知れないでしょうね。
藤崎マーケットのトキさんはおそらく仮想通貨でお金儲けをしようとしていたのではないかと思いますが、最悪の結果になってしまいましたね。

今回の不正アクセスの原因について

今回の不正アクセスの原因について、コインチェック側のセキュリティーが甘かったのではないかと言われています。
今回はハッキングされたわけですが、不正アクセスを防止するために、データバンクを外部から完全に遮断した状態、コールドウォレット(オフライン)での管理が出来ていなかったようです。

ネム財団のLon Wong氏はこのトラブルに対して

「コインチェックがNEM(XEM)を盗まれたのは、
NEMの マルチシグコントラクトを採用していなかったためです。今回の件はNEMの脆弱性によって起きたものではないためハードフォークは行いません。今回の事件は 仮想通貨史上最大の被害額となるでしょう」

とコメントしています。
仮想通貨のセキュリティーの問題は多くの人が危惧していましたが、まさか現実になるとはなかなか考えにくかったのではないかと思います。

世界には優秀なハッカーがたくさんいますし、セキュリティーをよっぽど強固なものにしないと完全に防ぐことは難しいのでしょうね。

仮想通貨のこれからについて

仮想通貨は近年急激に普及してきて、これから通常の紙幣とパワーバランスが入れ替わるのではないかと言われていますね。
仮想通貨であれば、グローバルに売買が出来ますし、グローバル化が進んでいる今日において仮想通貨の普及を防ぐことは不可避だという意見が多かったですね。

しかし、インターネット上で管理するので、セキュリティー面の危険性を指摘する声は以前からありましたね。
どんなに強固なセキュリティーでもそれを上回るハッキング技術があれば不正アクセスをされてしまうので、危険性は高いでしょうね。

今回の被害で被害総額は580億円ですし、会社としても責任をとろうにも取れないような状態なので、多くの人は泣き寝入りをするしかないでしょうね。
仮想通貨は軽い気持ちで使用している人も多かったようですが、仮想通貨について見直す人も増えてくるでしょうね。

スポンサードリンク

不正アクセスに対する世の中の声は?

今回の不正アクセスに対して世の中の声は、

「3億でも強盗すれば3億円事件なんて言われて50年も語り継がれ毎年特番やってるのに500億盗まれたらコインチェックが責められるだけで誰もハッカーを攻めようとしない犯人誰かを追及しようと特番も組まれない。社会が時代に完全についてこれてない。絶対額でみて、歴史的なもっと大ごとにすべき。」
「仮想通貨取引所のコインチェックから不正アクセスで580億円相当の仮想通貨NEMが流出。仮想通貨はブロックチェーンで偽造は防止できるし、海外送金など便利だ。今回の問題は、サイバーセキュリティの甘さ。北朝鮮にでも盗み取られたのでは困る。今の仮想通貨の問題点は、使用よりも投機目的が多いこと。」
「失ったのは580億円相当――。1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックで大規模な不正アクセスが明らかになった。
これこそが、まさに「ビットコイン 天国と地獄」」

などがありました。
580億円という被害額はあまりに大きいですし、もっと問題視すべきでしょうね。

まとめ

仮想通貨に多くの人が興味を持っておられたと思いますが、今回の件で手を引く人も増えてくるでしょうね。
仮想通貨はリスクがあるものだと認識されたと思いますし、日本の紙幣の方がやはり安心感がありますね。

コインチェック側は今回の事件の補償に対して「検討中です。」としか仰っていませんし、これからどのようになっていくのか見ものですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ