相席屋の一人参加は男も女もOK?ブスに当たった場合は?

この記事は3分で読めます

相席屋という居酒屋が話題を集めていますね。
皆男女の出会いが少ないと言われているので、このようなシステムはありがたいのでしょうね。

相席屋に興味があるけど詳細が分からずに行きにくいという方もいると思うので、相席屋について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

相席屋の一人参加は男も女もOK?

相席屋は一人参加が可能かどうか気になっている人が多いようです。
結論を書きますと、相席屋は一人参加はNGです。

ですので、二人以上で参加するようにしてください。
一人で行ったとしても入店すらもさせて貰えないので、気をつけてください。

しかし、東京の赤坂にある「相席屋R30 赤坂店」でのみシングル相席が行われているようです。

シングル相席について


住所は東京都港区赤坂3-13-14 赤坂313ビルB1Fです。

注意していただきたいのはシングル相席は毎日されているわけではありません。
毎週日曜日の12:00 – 14:00と、15:00 – 17:00に行われています。

昼間ですが、日曜日なので、行きやすいのではないかと思います。
独身の20歳以上しか参加することができないシステムになっています。

婚活も目的としたシステムなので、行きたい人は婚活目的で行きべきですね。
身分証も確認されるので、行きたい人は身分証を持って行ってください。

シングル相席は30分毎に席替えタイムがあるので、多くの人とコンタクトを取ることが可能です。
シングル居酒屋は軽い遊びの人では無く本気で出会いたい人向けの所なのでそのような人が行くべきだと思います。

通常の相席屋について

通常の相席屋は2人以上の同性で行き、相席屋の中で別のグループと一緒にお酒を飲むことになります。
基本的に女性が無料で男性が有料です。

食べ物まで無料がどうかはお店によるので確認してください。
食べ物が有料の場合は、当然男性が女性に奢ることになるので、男性は金額に注意しなければいけません。

自分の好みでは無い異性と一緒に飲むことになってしまった場合、「チェンジ制度」というものがあります。
チェンジ制度とはその名の通り、相手をチェンジする制度です。

やり方はトイレの前にある席替え希望カードを書き、店員に渡すだけです。

女の子の目の前でチェンジ志望を告げるような失礼なことはしないようにしてくださいね。
チェンジ制度は初めは無かったのですが、チェンジ制度を希望する相席屋の利用者が多かったため、チェンジ制度が導入されたようです。

ずっとタイプではない相手と一緒にいても楽しくないと思いますし、良い制度かもしれませんね。
チェンジ制度を使うときはくれぐれも相手の気持ちを考えた上で行うべきだと思います。

例えば、「せっかく相席屋に来たからいろいろな人と飲みたいからlineだけ教えて。」と言ってラインを交換してチェンジ制度を使用すればスムーズなのではないでしょうかね。

相席屋の客層について

相席屋の客層についてですが、男性は当然出会い目的な方が多いです。
男性は有料なので、出会い目的で無ければ普通の居酒屋に行くはずですし全員が出会い目的と考えて間違いないと思います。

しかしながら、女性は、出会い目的では無い人もたくさんいます。
女性は無料で飲み放題ですし、食べの放題の店舗もあるので、無銭飲食狙いで来る方も多いようです(笑)

ですので、相席になったとしても、男性側とはほとんどコミュニケーションも取らずに気が済むまで食べ飲みをして帰る人もいるようです。
そのような女性と当たってしまえば男性側は間違いなくチェンジ制度を利用すべきでしょうね(笑)

相席屋を利用した目的についてのアンケートの結果はこちらです。

無銭飲食も多いですが、やはり本気の恋を目的としてくる人が多いですね。

女性はイケメンの男性が来るのかどうか気になっている人も多いようですが、イケメンの男性も結構いるようです。
そして、相席屋ではイケメンの男性が圧倒的に有利のようです(笑)

相手の深い部分まで理解する時間は無いですし、どうしても外見で判断してしまう部分はあるでしょうね。
イケメンで出会いが欲しい人にはうってつけの場所ではないでしょうか。

年齢層は若い方が多いようです。
特に女性は、お金の無い若い方が無銭飲食目的で来ることも多いようです。

社会人が大学生と知り合える良い機会かもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

相席屋は凄く評判が良いですし、全国にこれからも増えていくでしょうね。
今までの時代に比べてSNSも普及しましたし、男女の出会いがかなり増えてきたと考えて間違いないでしょうね。

出会いが無いと嘆いている人も多かったと思うので、相席屋などを積極的に利用して出会いを自分で作っていくべきでしょうね。
恋愛は人生の大きなイベントですし、悔いのないような恋愛をするように頑張らないといけませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ