佐賀の自衛隊のヘリの墜落事故の理由や原因はなぜ?負傷者は?

この記事は2分で読めます

自衛隊のヘリコプターが墜落した事が話題になっていますね。
自衛隊の活動は絶対に人に迷惑がかからない範囲でやるべきですし、今回のヘリコプターが墜落するなんてことは絶対にあってはならない事ですね。

墜落事故が起きてしまった原因などについて気になっている人も多いようなので、取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

自衛隊のヘリの墜落事故の理由や原因はなぜ?場所はどこ?

自衛隊のヘリが墜落した場所は、佐賀県神埼市です。
陸上自衛隊の戦闘ヘリコプター1機が住宅に墜落しました。

住宅1棟が炎上する事態になっています。
ヘリコプターに乗っていた男性隊員2人はいずれも心肺停止の状態のようです。

ヘリコプターが墜落するという事は当然大きな衝撃が掛かりますし、2人が心配ですね。
住宅には4人の方が住んでいたようですが、そのうち、小学5年生の女の子がひざを打撲するケガをしたようです。

家にいたのは、小学5年生の女の子のみだったようなので、他の人に怪我は無かったようです。
命の危険になってもおかしくないような墜落事故なので、不幸中の幸いですね。

ひざの打撲がどの程度のものなのかは分かりませんが、命の危険があるようなものではなくて良かったです。
実際の画像はコチラ↓

かなり煙が上がっていますね。
となりの建物に燃え移らないようにして頂きたいですね。

新築の家だったそうなので、家族からすればたまったものではないですね。

防衛省によりますと、整備を終えたあとに機体の状況を確認するための飛行テストをしていて飛行している際に機首付近から落下したそうです。
事故原因についても気になっている人が多いようですが、残念ながら明らかになっていません。

操縦ミスかもしくはヘリの故障でしょうね。

墜落したヘリコプターについて

墜落したヘリコプターは「AH64」という機種のものです。
「AH64」はアメリカのボーイング社が開発した戦車などを相手とする最新式の戦闘ヘリコプターで約10年前から自衛隊のヘリコプターとして導入されています。

全長およそ18メートルの2人乗りの機体です。

目撃者の声は?

墜落事故を実際に目撃した女性によると、

「バラバラと音がして、空を見たらヘリコプターが機首を上に向けて垂直な状態になっているように見えた。そのまま尾翼から落ちて、バーンと大きな音がした。まさか民家に落ちているとは思わず、ショックです」

との事です。

実際に見た人は凄く驚いたでしょうね。

まとめ

自衛隊のヘリコプターが墜落することは以前もありましたし、自衛隊は自分達の過ちを改善しないといけないですね。
このような事件は命の危険に関わるので、もっと深刻に考えないといけないでしょうね。

運転していた自衛隊員も心肺停止の状態ですし、ヘリコプターの安全性の点検や自衛隊員の運転技術の向上に努めないといけないですね。
このような事故が二度と起こらないようにして頂きたいですね。

今回の件で自衛隊の国民からの信頼が下がったと思いますし、反省しないといけませんね。
自衛隊は国民の安全を守ることが仕事なので、自分たちの安全性についても確保しないといけませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ