坂本勇人【巨人】の不調の理由は?タバコはやめたのか?

この記事は2分で読めます

巨人の坂本勇人選手が現在なかなかヒットが出ずに苦しんでいますね。
打率はまだ3割以上をキープしていて高いですが、以前に比べれば下がってきましたね。
坂本選手は名実共に巨人を代表する選手なので、坂本選手が不調に陥ると巨人打線に迫力がなくなってしまいますね。

スポンサードリンク

坂本勇人の不調の原因は?

坂本選手は元々夏場が苦手だったようです。
坂本選手はあまり食べる量が多い選手では無かったので、夏は体重が落ちやすかったらしいです。
体重が落ちおるとパワーや体力が落ちやすくなるので、プロ野球選手にとったら致命的ですね。
巨人は現在Bクラスの4位で、このままではクライマックスシリーズにもいけない状態です。
ここから順位を上げていくには坂本選手の力が必要不可欠だと思うので、調子を取り戻して欲しいですね。
ヤクルトの山田哲人選手やDeNAの筒香嘉智選手などWBC出場選手は今季成績を崩している選手が多かったですが、坂本選手は前半戦調子を維持していましたね。
調子を崩してしまったのは最近なのでドツボにはまらないように早い段階で調子を取り戻して欲しいですね。

 

タバコを吸っていることについて

ご存知無い方もいると思いますが、坂本選手はタバコを吸っています。

野球選手は吸っている人が多いようですね。
ダルビッシュ選手も吸っていましたね。
野球はマラソンのように高い心肺機能が求められる種目では無いので、あまり関係が無いのかもしれませんね。
「タバコを辞めて欲しい」というファンからの声もあるようですが、辞めたという情報は無いので今も吸い続けているかもしれませんね。
私はアスリートでタバコを吸っている人なんてほとんどいないと思っていたので意外でした。
阪神の金本監督や超人糸井選手も吸っているようです。


糸井選手は超人的な身体能力を持っていることで有名ですが、タバコを吸うことによる害は無いのでしょうかね。

スポンサードリンク

巨人の補強について

巨人は2017年のシーズン前にソフトバンクから森福允彦投手、日本ハムから陽岱鋼選手、DeNAから山口俊投手を獲得し近年稀にみる大型補強を行いました。
かなりの戦力アップが予想され、2016年のペナントレースで巨人は2位だったので、2017年は広島を抑えて優勝すると予想する専門家も多かったです。
しかし、蓋を開けて見ればAクラスにも入れていないので、やはり野球は難しいのでしょうね。
広島はお金持ちの球団ではないので、FA補強などはせず生え抜きの選手ばかりで戦っていますが、それでペナントレースをぶっちぎるわけですから凄いですね。
生え抜きを選手を大切に育てる方が最終的にチームの戦力が整うのかもしれませんね。

まとめ

現在セ・リーグのペナントレースは広島1強の時代になっていますね。
前田健太投手がメジャーリーグに挑戦し、黒田博樹投手が引退したのですが、圧倒的な強さを誇っているということでチーム作りの手本ですね。
近年名監督と言えば落合博満さんだったと思いますが、緒方監督も名監督と言えるかもしれませんね。
監督によってチームの力は変わるので、高橋監督はこれからもっと工夫が必要になってくるかもしれませんね。
巨人はチームの戦力は変わるので、高橋監督はこれからもっと工夫がムの歯車が噛み合っていないのでしょうね。

 

巨人は阿部選手や長野選手などベテランの選手も出ているので、若手がもっと伸びてこないといけないのかもしれませんね。
スポーツの世界は必ず世代交代の時期が来ますし、力のある若手がいるチームは勢いがあるので若手育成もチームの大きな仕事の一つですね。
FA補強は実力や実績のある選手を獲得できますが、その分若手育成に関してはマイナスに働くこともあるので注意が必要かもしれませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ