よろずの情報館

様々なニュースを取り上げていくブログです。

将棋

藤井聡太にチョコ殺到!羽生善治と対局はいつ?

投稿日:

藤井聡太五段について書いていきます。
藤井聡太五段はバレンタインデーのチョコが殺到した事でも話題になりましたね。

藤井聡太五段と羽生善治竜王との対局にも注目が集まっているので、その事も取り上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

藤井聡太にチョコ殺到!

藤井聡太五段はバレンタインデーのチョコに対して「今まで縁が無かった。」と仰っていました。
藤井聡太五段は、去年大ブレイクして、一気に有名になったので、今回のような大量のチョコを貰ったのはやはり初めてだったようです。

将棋界の新星であり、超天才なので、女性のファンもたくさんいるでしょうね。
藤井聡太五段は現在まだ15歳でまだ思春期なので、多くのバレンタインチョコをもらえる事は凄く嬉しいでしょうね。

15歳という年齢は初めて彼女が出来るくらいの年齢だと思いますし、藤井聡太四段にももしかしたら彼女がいるかもしれませんね。
大人になると頭の良い人がモテますが、中学生の時は頭が良い人よりスポーツが出来る人ややんちゃな人がモテるので藤井聡太四段はもしかしたらそんなに人気が無いかもしれませんね。

「今まで縁が無かった。」というコメントを残しておられたので、人生で初めて貰ったバレンタインチョコかもしれませんね。
チョコをプレゼントされた方々に対しては

「こうやって応援して頂けるのはありがたい」

というコメントを残しておられました。
まさにお手本のようなコメントですね。

藤井聡太五段はこれからも将棋界でどんどん成績を残していくでしょうし、バレンタインのチョコの量も増えていくでしょうね。
男性は仕事で結果を残せば女性にモテやすくなるの事が、仕事を頑張れるエネルギーなのでしょうね。

藤井聡太と羽生善治と対局はいつ?

藤井聡太五段と羽生善治竜王の対戦が注目を集めていますね。
放送の日時が気になっている人も多いようですが、2月17日の午前10時15分からです。

新旧の天才同士の対決なのでかなり注目を集めていますね。
藤井聡太五段は、若手の中で圧倒的な実力を持っている方ですし、羽生善治竜王は現在の将棋界では神様のような存在ですね。

藤井聡太五段は先日佐藤名人を破られましたし、勢いはかなりあると考えて間違いないですね。
藤井聡太五段と羽生善治竜王のどちらが勝ってもおかしくないと思いますし、注目が集まりますね。

藤井聡太五段からすれば羽生善治竜王は憧れの存在だと思いますし、羽生善治竜王からしても藤井聡太五段は絶対に負けたくない相手だと思うので二人共気合が入っているでしょうね。

藤井聡太五段は過去に羽生善治竜王を破った事もありますし、実力は拮抗していると考えて良いのではないかと思います。
どちらが勝つかの予想も分かれているようですし、当日は目が離せない対局になりそうですね。

個人的には羽生善治竜王が底力を見せて欲しいなと思っています。
羽生善治竜王は、今までずっと将棋界の先頭を走って頑張って来られた方ですし、まだまだトップの存在でい続けて欲しいなと思います。

スポンサードリンク

藤井聡太五段の学力について

藤井聡太五段は天才的な頭脳を持っておられることは間違い無いと思いますが、学校の勉強は校内で真ん中くらいのようです。
中学自体が名門の中学なので、学校の勉強もかなり出来る事は間違いないですが、将棋のように飛び抜けた能力は無いようですね。

人間の知性にはそれぞれ特徴がありますし、藤井聡太五段の脳は将棋に適した脳なのでしょうね。
「天才」と呼ばれている方はたくさんいますが、ビジネスが出来たり数学が出来たり、将棋や囲碁が出来たり音楽が出来たり、特性は人それぞれですね。

人間には誰でも得意な事と苦手な事があると思いますし、自分の特性を活かして社会に貢献出来るように頑張ったら良いのでしょうね。
スティーブジョブズやアインシュタインも発達障害ではないかと言われていましたし、何か秀でた能力を持っている方は苦手な部分があることも多いですね。

人と違うという事は社会で生きていく武器にもなると思うので、人と違う事をあまりネガティブに考える必要は無いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

藤井聡太五段はこれからもどんどん伸びていくと思いますし、どこまで伸びていくかは想像出来ないですね。
現在も日本トップクラスの実力を持っている事は間違い無いので、全盛期はどこまで行くのかは末恐ろしいですね。

史上最高の棋士になる可能性もかなり高いと思いますし、これからも藤井五段の活躍から目が離せないですね。
藤井五段のおかげで将棋界全体が盛り上がったと思いますし、若い人が活躍するのは凄く良い事ですね。

藤井五段は羽生善治竜王との対局を楽しみにしていると思いますし、名勝負を見せて欲しいですね。
天才同士の対決なので、最後までどちらが勝つかわからないような対局になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした