井上尚弥がマクドネルに対戦交渉!時期や日時はいつごろ?

この記事は3分で読めます

井上尚弥選手がマクドネルに対戦交渉した事が話題になりましたね。
井上尚弥選手がついに黄金のバンタムに挑戦されたので注目が集まっていますね。

バンタム級は過去様々な日本人選手が功績を残された階級ですし、井上尚弥選手がどれだけの功績を残されるのかにも注目が集まっていますね。

スポンサードリンク

井上尚弥がマクドネルに対戦交渉!時期はいつごろ?

井上尚弥選手が対戦交渉しているジェイミー・マクドネル選手はWBAバンタム級チャンピオンです。


対戦交渉は最終段階にまで入っているので、試合がまとまる可能性は高いと考えて良いのではないかと思います。

マクドネル選手の実績は、29勝2敗1分13KOです。
日本人選手との対戦は亀田和毅選手が二回対戦されました。

接戦の末にマクドネル選手が二度勝利されました。
マクドネル選手の強さについてですが、並みの世界チャンピオンくらいの強さだと思います。

亀田和毅選手よりも実力が少し上くらいだったので、特別強い世界チャンピオンではないと私は思っています。
井上尚弥選手との対戦が実現した時の結果の予想ですが、井上尚弥選手の圧勝だと私は思います。

大方の予想も井上尚弥選手の圧勝という声が多いです。
マクドネル選手が井上尚弥選手との対戦を受けたら凄く勇気のある選手だと思います。

井上尚弥選手の強さは現在群を抜いていると思いますし、バンタム級でも圧倒できな強さをもせつけるのではないかと個人的には思っています。
個人的にはルイスネリ選手との試合が見たいと思っています。

ルイスネリ選手はパンチ力が強いですし、変則的なパンチの打ち方もするので、井上尚弥選手でも苦戦してしまうのではないかと個人的には思っています。

バンタム級は日本人からしても伝統のある階級なので、そのような階級でどのような結果を残していくか楽しみですね。
次の試合がいつごろかにも注目が集まっていますが、まだ試合自体が決まっていないので、わかりません。

マクドネル戦が決定すればさほど遠くない内に井上尚弥選手の次戦が見れると思います。

バンタム級について

今までのバンタム級は山中慎介選手が飛び抜けた強さを見せつけていましたね。
山中慎介選手は神の左と呼ばれ、バンタム級では飛び抜けたパンチ力を持っていましたね。

また、パンチも凄く伸びてくるようで、遠い位置から速いパンチが伸びてくるのでよけることが難しいようです。
山中慎介選手はこの前ルイスネリ選手に敗れましたが、ルイスネリ選手がドーピングをしていたので問題になり、再戦することになりましたね。

山中慎介選手はタオルが投げられるのが早かった気がしましたし、再戦をすれば山中慎介選手が勝つのではないかと私は思います。
山中慎介選手と井上尚弥選手との対戦を期待する意見もあるようですが、おそらくないと思います。

実現すれば当然注目は集まりますが、年齢的な事を考えて井上尚弥選手が勝つと思います。
3年前なら山中慎介選手が勝ったのではないかと個人的には思っています。

スポンサードリンク

井上尚弥のこれからについて

井上尚弥選手はしばらくはバンタム級で戦うそうですね。
バンタム級は凄く注目を集める階級なので、井上尚弥選手もバンタム級で活躍したいと考えておられるのかもしれませんね。

井上尚弥選手は間違いなく世界のトップで戦い続けるボクサーですし、日本のボクシング界を引っ張っていって欲しいですね。
バンタム級には今まで辰吉丈一郎さんや長谷川穂積さんなど結果を残されてきたボクサーが多いので、井上尚弥選手の活躍にも期待したいですね。

日本ボクシング界は現在凄く盛り上がっていますし、若い選手もどんどん出てきて欲しいですね。
井上尚弥選手ほどの才能のある選手はなかなか出てこないですし、井上尚弥選手がどれだけの成績を残すのかが楽しみですね。

井上尚弥選手の才能は日本ボクシング史上最高と言われていますし、悔いのない競技人生を送って頂きたいですね。
井上尚弥選手は強い相手と戦い続けることをモットーにされているようですし、ビッマッチを期待したいですね。

まとめ

井上尚弥選手は現在対戦相手を見つける事も難しいような状況のようですし、井上尚弥選手の対戦を受けようと思えば凄く勇気が必要でしょうね。
井上尚弥選手は現在圧倒的な強さを見せつけていますし、対戦したくない選手が多いようです。

ボクシングの選手は試合に負けてしまうと自分の立場を失ってしまうので、強い選手と対戦したがらない選手も多いですね。
井上尚弥選手はこれからも世界のトップで戦うことになりますし、パウンドフォーパウンドを獲得して欲しいですね。

井上尚弥選手はこれからも強い相手と戦い続けるようですし、世界中が注目するようなビッグマッチを実現させて欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ