YouTuberヒカルがブレイクした理由や原因はなぜ?

この記事は2分で読めます

自称カリスマのYouTuberヒカルさんが最近テレビなどのメディアでよく取り上げられるようになりましたね。
YouTubeの影響力がかなり強くなってきたのでその結果YouTuberはまさに芸能人顔負けの存在になって来ましたね。
ヒカルさんの2017年の収入はおよそ5億円ほどになるようです。
プロ野球選手でも5億円も稼いでいる人はごく1部のみですね。

スポンサードリンク

ヒカルがブレイクした理由について

ヒカルさんは現在実写チャンネルの活動が中心ですが、前はゲーム実況のチャンネルで活動されていました。
ゲーム実況の方は爆発的なノビは無かったようですが、実写チャンネルを作ってみると爆発的に伸びたそうです。
昨年の2016年に大きく伸びたチャンネルでこれから日本一を本気で狙っていくようです。

実写チャンネルが伸びた大きな原因の一つにカードショップ「遊楽舎」の店長の出演が大きいようです。

店長は独特の雰囲気を持った方ですし、子供のファンも多いようです。

ヒカルさんは店長を自分のチャンネルに出演させればチャンネルが伸びるという確信があったらしく、何度もお願いをして出てもらったそうです。
店長が出るようになってからチャンネルも凄い勢いで伸びたそうで、ヒカルさんの思惑通りの展開になりましたね。

スポンサードリンク

現在の日本一のYouTuberについて

現在の日本一のYouTuberはヒカキンさんはじめしゃちょーですね。
どちらもUUUMに所属していてこの二人が今のYouTube界の2トップと言われていますね。
はじめしゃちょーの方がチャンネル登録者は多いですが、ヒカキンさんの方がテレビなどにはよく出ていますね。

ヒカキンさんの動画は小学生のファンが多く、はじめしゃちょーの動画は女の子のファンが多いようです。
どちらも数年前からしているのでチャンネル登録者はかなりの数になっていますね。
ヒカルさんのチャンネルは2016年スタートで現在260万人を超えるチャンネル登録者数がいるのでスピードは驚異的ですね。
現在も凄い勢いで伸びているので、ヒカキンさんやはじめしゃちょーも意識しているようです。

ヒカルが日本一を獲る可能性について

ヒカルさんは「3年以内に日本一のYouTuberになる」と宣言してチャンネルを始めたようですが、「何をもって日本一のYouTuberと考えるのか」が少し疑問ですね。
チャンネル登録者なのか、総再生回数なのか、平均再生回数なのかどれで日本一になりたいのでしょうかね。

チャンネル登録者の場合、はじめしゃちょーやヒカキンさんを抜くのは至難の技だと思います。
YouTuberのチャンネル登録者は一度増えるとなかなか減らないという特性があるので、YouTubeの市場が完全にブルーオーシャンだったころに始めたはじめしゃちょーやヒカキンさんはその分多くのチャンネル登録者数を獲得していますし、ヒカルさんが今から500万登録者を得ようとすればかなり時間がかかるのではないかと思います。
また、はじめしゃちょーやヒカキンさんは現在もチャンネル登録者が凄い勢いで増えているのでヒカルさんからすればなかなか差が縮まらないと考えているのではないでしょうか。
現在実力のあるYouTuberも増えていますし、このままの調子で登録者を伸ばすのも簡単では無いでしょうね。

平均再生回数で日本一を獲りたい場合は可能性が結構高いと思います。
平均再生回数の場合、YouTube歴は大して関係なく、実力があればトップを取れるので、ヒカルさんならかなり可能性があるでしょうね。
ヒカルさんはかなり頭が良い方だと思うのでこれからの戦略も考えているでしょうね。

まとめ

YouTubeとテレビが比較されることが多いですが、YouTubeの方が成功するまでのスピードが早いですね。
「3年以内に日本一のYouTuberになる。」というのはテレビで言えば若手芸人が「3年以内に日本一の司会者になる。」と言っているのと同じですから、テレビではありえないですね。
早く成功しやすい分、売れたとしても短命で消えてしまう人も多いようです。
YouTuebrの世界はコネが無くても早い期間でのし上がれる可能性がある分いつ消えるか分からないリスキーな世界ですね。
YouTuberは現在もどんどん増えてきているので、これからどうなっていくか見物ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ