女子マラソン元代表の原裕美子が窃盗をした動機や理由はなぜ?

この記事は2分で読めます

女子マラソン元代表がコンビニエンスストアでジュースや化粧品などを万引きしたことがニュースで流れましたね。
合計2673円相当の商品を万引きしたようです。
コンビニエンスストアの店員が在庫と売上を計算したところ合わないので、防犯カメラをチェックしたところ、原裕美子さんの容疑が発見されたようです。
世界大会で入賞経験もあるような偉大な選手だったので驚きました。
スポーツ選手は精神的にストイックで自制心が強い人が多いという印象でしたので、今回の事件は少し驚きました。

スポンサードリンク

原裕美子が窃盗をした動機について

原裕美子さんが窃盗をした動機についてですが、未だ報道されていません。
2673円も払えないのは考えにくいのでおそらく軽い気持ちでやったのでしょうね。
2673円の為に犯罪行為を犯すのですから、全くリスクに見合わない行動ですね。
スポーツの世界で偉大な成績を残していても一つこのようなことをするだけで世間からの見る目は一変してしまうので、勿体ないですね。

原さんは取り調べに対して容疑を認めているので、間違いないでしょうね。
なぜこのようなことをしたのかよく分かりませんが、家族の方もショックでしょうね。
万引きした金額はたったの2673円ですが、立派な犯罪なので、しっかり罪を償って改心して欲しいですね。

陸上選手は真面目でストイックな方が多く、人間的な器が大きい人も多いのですが、1人の陸上選手がこのようなことをしてしまうと陸上選手に対する印象が変わってしまいますね。

スポンサードリンク

スポーツ選手の年収について

スポーツ選手の年収と聞くと凄く高いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、野球やサッカーなどの一部のメジャースポーツを除けばさほど高くありません。
スポーツで生計を立てていけるのはごく一部の特殊な才能を持った方のみで、多くの人はそれが出来ていません。

例えばプロボクサーであれば日本チャンピオンでもボクシングのみで生計を立てるのは難しいようです。
フロイドメイウェザージュニアは年収300億円と言われ騒がれていますが、本当にごく一部の人のみが多くの収入を得ているだけで多くの選手はそうでは無いようです。

陸上選手もほとんどの場合は実業団に所属してサラリーマンとして働きながら陸上をするということになるので、プロ野球選手などと比べると収入面では大きく違うでしょうね。

マイナースポーツの選手はどれだけ才能があったとしてもそれだけで食べていくことは難しい面があるので、このようなことも今後のスポーツ界の課題になっていくでしょうね。

元10種競技日本王者の武井壮さんも陸上していた時代、日本一になったのに、お金持ちにも有名人にもなれなくて驚いたようです。
スポーツで日本一になることはとんでもなく難しいことですが、マイナースポーツの場合、お金を払う人があまりいないので、選手の収入に直結しないのですね。
武井壮さんは、スポーツだけを極めようとすることはかなり危険なことだと言っていましたが、その通りでしょうね。
スポーツの世界で生きてきた武井壮さんだからこそ、スポーツの世界の厳しさをよくご存知なのでしょうね。

まとめ

原さんが今回このような事件を起こしたことは非常に残念ですね。
スポーツ選手が事件を起こすと、本人だけではなく、そのスポーツの業界全体のイメージを落とす可能性もあるのでその自覚を持つことが大切ですね。
原さんは陸上の長距離界で有名な選手だったので、驚いている人も多いと思います。

スポーツ選手は辛いことに耐える力や、向上心を持って目標に向かって努力する力は長けていると思うので、このようなことをしないで欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ